JR外房線が脱線事故!現場動画・画像まとめ「自粛警察の仕業だな」ネットで物議

ニュース

千葉県鴨川市のJR外房線の安房天津駅と安房鴨川駅の間で列車の先頭車両が脱線する事故が起きました。乗客16人、運転し1人、車掌1人の18人が乗っていましたがケガ人が出たという情報はありません。

現場はどのような状況だったのでしょう。脱線してしまった原因は?下に続きます…

渋谷博の顔画像Facebook「独身こどおじ感がすごい」ひき逃げ知人に身代わり出頭要求か

千葉県鴨川市のJR外房線が脱線事故!

JRによりますと、8日午後3時53分ごろ、千葉県鴨川市を走るJR外房線の安房天津駅と安房鴨川駅の間で上りの6両編成の普通列車の先頭車両が脱線しました。

警察やJRによりますと、車内には乗客がいましたが、これまでのところけが人の情報は入っていないということです。

NHKのヘリコプターが上空から撮影した映像では、先頭車両が進行方向の左側に傾いていて、脱線しているのが確認できます。

また、現場で状況を確認する消防隊員などの姿もあります。

この影響でJR外房線は勝浦駅と安房鴨川駅の間の上下線で、運転を見合わせています。

引用元:NHK首都圏のニュース
  • 「6両編成の電車の先頭車両が傾いている」と目撃した人から110番通報
  • 千葉県鴨川市を走るJR外房線が脱線
  • 上りの6両編成の普通列車の先頭車両が脱線
  • 安房天津駅と安房鴨川駅の間の踏切付近
  • 乗客16人と運転士1人、車掌1人のあわせて18人が乗っていた
  • けが人の情報はなし
  • 先頭車両が進行方向左側に傾いていて、車輪がレールからはずれている
  • 安房鴨川駅~勝浦駅の上下線で運転見合わせ
  • 運転再開のめどはたっていない

鴨川市の脱線現場からおよそ20メートルの場所で食堂を営む50代の男性の証言。
ブレーキの音が聞こえたあと『ザザザザザー』という電車がすべるような音がして、最初は地震かと思いました。外に出て様子を見ると、先頭の車両が進行方向に向かって左方向に傾いていました。車輪がレールから1メートルほど脱線していますが、横転はしておらず乗客が誘導されて下りていました」

(NHK首都圏のニュースより)

脱線事故現場はどこ?安房天津駅と安房鴨川駅の間

出典:Googleマップ

渋谷博の顔画像Facebook「独身こどおじ感がすごい」ひき逃げ知人に身代わり出頭要求か

外房線が脱線事故!現場動画・画像まとめ

「人的要因?置石が原因?」ネットで話題

Twitterより
Twitterより

かなりがっつり脱線してるな。踏切とかも無さそうだし、置き石か?

Twitterより
Twitterより

外房線の脱線、画像見た感じ何かにぶつかった感じはしないから置き石かなんかじゃない?

Twitterより
Twitterより

置石脱線っていう説、肯定したい気持ちもわかるけど、排障器ついてる車両でバラスト感覚の石で脱線してたらそれはそれで問題よ

Yahoo!コメントより
Yahoo!コメントより

踏切付近と言うのが気になるけど。房総の209系って運転台にカメラ付いてるのかな?まずは怪我なくて何よりですが、原因が気になりますね。

Yahoo!コメントより
Yahoo!コメントより

近所です。まさかこの田舎で脱線とは。脱線場所は直線だし、カーブで曲がりきれなかった訳でもないし。人的要因でなければ良いのですが…

Yahoo!コメントより
Yahoo!コメントより

カーブでも踏切事故でもなければ、置き石だろうか。先頭車の自重が軽すぎる事も一因ではないか。置き換えについては今後E217系が大量に余るようになるが…正直209系と車齢が変わらないし、どうなんだろう。高運転台というところが踏切が多い区間にはいいかもしれない。

「自粛警察の仕業だな」ネットで物議

現在「自粛警察」と呼ばれる間違った正義感を持った人達が、ガイドラインにのっとって営業を続けている店舗に「潰れろ」「店閉めろ」などという張り紙をするなどの嫌がらせ行為をしています。

自粛警察を特定か?「閉店に追い込まれた同業者の嫌がらせ」張り紙画像まとめ!

公共交通機関を利用している人を狙ってやったとしたら、それは非常に悪質で罪に問われることですよね。踏切付近というのも非常に気になるポイントです。人がすぐに入って来れる場所。そしてブレーキをかけている。

運転士が何かを見つけてブレーキをかけたということです。不要不急の外出は控えないといけませんが、それ以外で移動しなければいけない人たちがいます。自粛警察のような人によって今回の事故が起きたのであれば、それは本当に恐いことです。

渋谷博の顔画像Facebook「独身こどおじ感がすごい」ひき逃げ知人に身代わり出頭要求か

人的要因でないことを願うばかりですが、今後いっそうの波紋が広がることは間違いない。追記していきます(続く…)

コメント