【文春砲】杏離婚決意の裏に母親との裁判と和解金捻出の目的?「東出昌大のせいで宗教にも」

エンタメ

東出昌大さんと唐田えりかさんの不倫発覚。週刊文春により大きく報じられましたが、文春砲により杏さんが離婚を決意したことが分かりました。そんな杏さんは現在、実母と裁判になっています。

夫と母親問題。離婚の決意の裏には母親との裁判も関係しているのでしょうか。下に続きます…

文春で東出昌大「懺悔告白内容」全文判明!イメージ回復へついに事務所が動き出したか

【文春砲】杏が東出昌大との離婚を決意!

妻で女優の杏(34)が離婚を決意したことが明らかになった。

夫婦を知る芸能関係者が明かす。

「釈明会見で東出さんが謝罪した後も、夫婦が顔を合わせることはほとんどありませんでした。すでに杏さんは離婚の意思を固め、東出さん側にも弁護士を立ててほしいと伝えたといいます」

杏が離婚を決意した背景には、東出が不倫の結果、抱えることになった違約金や損害賠償金の問題があった。

「東出さんをCMに起用していた企業のほとんどがスキャンダルを受けて契約を解除。違約金は億単位に上るとも報じられています。東出さんだけではとても払い切れない額ですが、杏さんには不倫の代償を自分が肩代わりする選択肢はなかった」(杏の知人)

引用元:文春オンライン
  • 東出昌大と唐田えりかは不倫していた
  • 妻である杏は離婚を決意
  • 東出昌大は不倫したために、多額の違約金を抱えることになった
  • 冬クールの大型ドラマのキャスティングの候補に上がっていた
  • しかし不倫発覚後、名前が外されている
  • 決まりかけていた映画の出演も軒並みキャンセルされた
  • コロナ影響の前から外出を自粛し、禁欲生活を送っていた
  • 「杏と話し合いを続けていく」と会見で発言したことに杏は不信感を抱いた
  • 知人を介して顔を合わせたが、雑談を交わしただけ
  • 東出は夫婦で話し合いをしているかのように話したことが心外だった

東出昌大さんの不倫報道が出てから大バッシングを受け、杏さんを応援する声が非常に多く今もなお、東出さんへの批判の声がたくさん聞こえてきます。

「顔見るだけでイラつく」ネットで物議

Twitterより
Twitterより

杏ちゃん離婚するのか。あんな素敵な子を奥さんにしたのに、アホな浮気した東出君は、出家して世欲を絶って反省して欲しい

Twitterより
Twitterより

よく決意した!東出むり。顔見るだけで苛つくようになったわ。

Yahoo!コメントより
Yahoo!コメントより

結婚て一緒に生活していくための最低限の信頼感てあると思う。彼は、不倫が妻にバレても、またコソコソと関係を続け、その期間は3年。更に、杏さんは自立されているし、夫は多額の借金を抱えた。無理ですよね、どう考えても。離婚して幸せになれる道を見つけてほしい

Yahoo!コメントより
Yahoo!コメントより

俳優としての将来もなく干されるだろうから別れ決意で正解!浮気者は治らないし、あの浮気相手とも切れてないでしょう、あの態度は。綺麗さっぱり整理して、取れるものはとりましょう。男が借金まみれになろうが構わないよ。子供が3人いるので大変だと思うけど、色んな人に助けを借りて幸せになって欲しい。

5ちゃんねるより
5ちゃんねるより

コンフィデンスマンのツイで明るくなってた東出がほんと嫌
子供の事や未来の事考えてない
読書する気によくなれるわ
この人は自分の犯した罪の大きさこれから自分にも降りかかるであろう
いろんなことを一切考えてない気がする

5ちゃんねるより
5ちゃんねるより

東出は恐らくほとぼりが冷めたら
また仕事が来ると思ってる
ほんと大馬鹿

杏離婚決意の裏に母親との裁判と和解金捻出の目的?

杏は東出との家庭が崩壊するのと同時並行で、実母との「骨肉裁判」を戦っていた。

訴訟は、母の由美子さんが代表取締役に就いていた杏の個人事務所「T社」への所属をめぐるトラブル。杏は08年、当時所属していたモデル事務所から、由美子さんのツテで現在の所属事務所「トップコート」に移籍。翌年に節税目的でT社を設立した。以降、トップコートからT社にギャラが入り、そこから杏に給与が支払われる仕組みになった。

ところが杏は14年夏、突如弁護士を立て、「退職し、トップコートと直に契約する」と母に通告。慌てた由美子さんは15年に東京簡裁に調停を申請したが不調に終わり、17年先述の訴訟に発展してしまった。

「母は『女性霊能者』に心酔し“洗脳”されている」「自分に対して“今度の仕事が決まったのは神様のおかげだよ”と言うこともあり、挙句、毎年、T社から多額のコンサル料を支払い、しかも増額することも検討していた」と杏は主張。

「夫(渡辺謙)が白血病で闘病した際、釈尊会という宗教団体の小野兼弘さんという教祖に心酔。不明朗な金のやり取りをしていたのです」という過去が母にはある。

訴訟で由美子さんは、杏がT社の従業員であることの確認など求めているほか、杏がT社に所属し続けていた場合に得ていたはずの利益を“20年間で約12億円”と計算。本来はそれを求めたいが「まずは3000万円を補填せよ」とも請求している。

出典:デイリー新潮

文春で東出昌大「懺悔告白内容」全文判明!イメージ回復へついに事務所が動き出したか

東出さんとの離婚決意の裏には、実母との裁判。夫だけでなく母親との問題まで。実の母親と金銭問題でこれ以上揉めたくない。早急に終わらせて楽になりたい。解放されたい。その為には和解金が必要だったのです。

東出さんと離婚すれば、不倫していた事実があるので向こう側に原因があるし、養育費だけでなく慰謝料も貰えるでしょう。そのお金を和解金に当てたかった。東出さんと離婚をすぐ決意しなかったのは、子どもがいることが大きい。

しかし一向に母親との裁判は終わらず、離婚することを決意した。

「東出昌大のせいで宗教にも」

父親の不倫、母親の借金。ことごとく家族のことで苦しんできた杏さん。その為、人一倍「不倫」と「金」にはシビア。「金の切れ目が縁の切れ目」とよく言いますが、杏さんは東出さんが背負った多額の借金を負担する気など、さらさらなかった。

そもそも不倫など、父親で十分懲りているはずなので許せるはずもないのです。すぐに離婚しなかったのは、先程もふれたように子どものことを考えてのこと。不倫が発覚した時は、ショックで母親のように宗教にハマりかけた。

「あの時の杏ちゃんは本当に見てられなかったですよ。子どももいるしなんとか平常心を保つのに精一杯って感じで。そんな時に宗教団体から声をかけられたんです。あの状態なら釣られていっちゃうでしょうね。」(杏の知人)

しかし母親のようにはなりたくないと思っていた杏さんは、金の話になった時に我に返ったのです。多額の借金が出来てしまった東出さんに対して、愛情はなくなり冷めてしまった。

文春で東出昌大「懺悔告白内容」全文判明!イメージ回復へついに事務所が動き出したか

今は離婚して母親と和解。そして子どもたちと穏やかな生活を送りたい。心からそう願っている。その為には早く慰謝料を受け取りたいでしょうが、今の東出さんからはどれほどの金額が受け取れるのか…。今後いっそうの波紋が広がることは間違いない。追記していきます(続く…)

コメント