文春砲!立川志らく嫁不倫キス画像!酒井莉加と弟子の関係は公認か「代わりに出世」

エンタメ

「文春砲」により落語家の立川志らくさんの妻である酒井莉加さんが、立川志らくさんの弟子のうおるたーさんとの不倫が報じられました。

不倫出ていのキス画像まで出ていて、グッとラックやひるおびの情報番組に出演されていますが、自分の嫁が不倫していたということについて何か言及するのでしょうか。自分で弟子に、酒井莉加さんの相手をするようにお願いしていたとしたら…

【文春砲】立川志らくの嫁が弟子と不倫概要

月曜から金曜まで情報番組「グッとラック!」の司会を務め、“TBSの朝の顔”となっている落語家の立川志らく(56)。志らくの妻で、19人の弟子を取り仕切る「おかみさん」の酒井莉加(38)が、弟子と不倫関係に陥っていることが、「週刊文春」の取材で分かった。

(中略)

酒井が志らくの弟子を“愛人”にしたのは今回だけではなかった。「週刊文春」の取材によれば、酒井は4年前に別の弟子と不倫関係に陥り、その弟子を、志らくが破門。弟子はその後、精神を病み、消息不明になった。

引用元:文春オンライン
  • 酒井莉加は元アイドル
  • 18歳の頃から「リンクリンクリンク」という3人グループで活動
  • 2002年、立川志らくが監督を務めた映画「SF小町」に出演
  • 2006年結婚
  • 落語家を休業している弟子といつも一緒にいる
  • 立川志らくが地方公演で不在の時に自宅で夜を共にした
  • 自宅近くの駐車場に軽自動車を停めキスや行為に及ぶ
  • 連日2人は会っている
  • 酒井莉加は今回が初めてではない
  • 4年前も他の弟子と不倫している
  • 立川志らくはその弟子を破門にし、弟子は精神を病み消息不明

文春の直撃に、弟子との関係について聞かれると…

酒井莉加
酒井莉加

劇団員で用心棒

と話し、車内でのキスに対しては

酒井莉加
酒井莉加

私が酔っぱらって無理やりしたのかもしれないが、覚えていない

と、不倫関係は否定しています。

酒井莉加とうおるたー(相手)の不倫キス・顔画像

酒井莉加さんと不倫関係にあったとされている弟子の立川うおるたーさんとのキス画像が、文春により公になっています。

出典:Twitter

不倫相手うおるたーさんの顔写真は酒井莉加さんのTwitterでも、普通に出てきています。

妻と弟子の関係は公認か「代わりに出世」

「妻のことは信じてるし、まあ、この程度のことだったらば、夫婦の絆は壊れない。酒飲んでいきすぎちゃったってだけのこと。離婚とかにはならないんで」

引用元:文春オンライン

自分の嫁の不倫とも思われる行為に対して、文春からの直撃に立川志らくさんはこのように答えています。この言葉を見ても2人の関係は「公認」だと感じられませんか?自分の嫁や夫が不倫行為をしていることを知れば、誰もが怒り狂ったり悲しんだりするはずです。

いつもの立川志らくさんのイメージもあるので、その場はクールに冷静に答えていたとしてもこんな言葉は出てこないでしょう。「この程度で絆は壊れない」「酒飲んで行き過ぎただけ」こんなセリフ言えるでしょうか。

離婚しないにしても少なからず相手に対して不信感を抱くようになるし、酒飲んで行き過ぎたからと見過ごせるとは思えない。妻を自慢するほど大好きで大切な妻だけど、自分はもう相手をしてあげられない。だから弟子である立川うおるたーさんに「俺の妻をお願いします」と頼んだに違いないです。

忙しくしている自分は妻に寂しい思いをさせているからいつも一緒にいれるよう、落語家を休業しているのもこのためでしょう。休業しているのではなく休業させていると考えられます。このお願いをする代わりに「出世させてやる」と言えば、それに従う弟子もいるでしょう。

本当は酒井莉加さんとの関係なんて持ちたくない。でも、出世のためだと関係を持つことくらいなんてことないのかもしれません。立川うおるたーさんもまだ25歳。若さゆえに引き受けられたことでなのでしょう。

立川志らくさんの言葉は、夫としての余裕や自分のキャラクターからではない。自分が頼んだのだから知っていて当然なのでしょう。こんなことを妻のためだと弟子にお願いするしかなかったとしたら、立川志らくさんも本当は寂しいのかもしれない…。

出典:酒井莉加さんTwitter

コメント