向井勇生(ゆうき)亮太の顔写真どんな人物?大阪女児性的暴行した双子の悲惨な理由

ニュース

大阪府和泉市の25歳の建設作業員の双子の兄弟が、女児に性的暴行をしたとして逮捕されました。双子の兄弟の弟、向井勇生容疑者が交際していた女性の8歳(小2)長女に対して、性的暴行をしていたようです。同様に兄の亮太容疑者も同じ「強制性交容疑」で逮捕されています。

向井勇生(むかいゆうき)容疑者と向井亮太(むかいりょうた)容疑者の顔画像やインスタなどのSNSはあるのでしょうか?この双子はどんな人物なのでしょう。性犯罪の中で最も重い犯罪とされる「強制性交容疑」での逮捕。罪を犯した2人の悲惨な理由とは…

双子の兄弟8歳女児に「性的暴行事件」概要

知り合いの小学2年生の女児(8)にそれぞれ乱暴したとして、大阪府警捜査1課は20日、強制性交容疑で、いずれも大阪府和泉市鶴山台の建設作業員、向井勇生(ゆうき)容疑者(25)と、兄の亮太容疑者(25)を逮捕した。2人は双子で、勇生容疑者は容疑を認め、亮太容疑者は「はっきりと覚えていないが、やったのかもしれない」と供述している。

勇生容疑者の逮捕容疑は、昨年7月、交際していた女性(27)の大阪府内の自宅で、女性の長女で小学2年の女児の目をタオルで隠し、乱暴したとしている。亮太容疑者の逮捕容疑は、同年4月、同府内の集合住宅と駐輪場で、2回にわたり同じ女児に乱暴したとしている。

引用元:産経ニュース
出典:Twitter

兄の亮太容疑者も女児とは知り合いで、2人は別々で乱暴しておりお互いに乱暴していたことは知らなかったようです。昨年の11月、女児が向井勇生容疑者の元交際相手である母親に訴えたことで発覚しました。

母親が外出している時に性的暴行をしたとされていますが、女児が母親に言わなかったら今もまだ続いていたのかもしれない…非常に許せない事件です。

向井勇生亮太容疑者のプロフィール顔写真・経歴・SNS・どんな人物?

女児の母親と交際していた双子の弟。

出典:読売テレビニューススクリーンショット
出典:Yahoo!ニューススクリーンショット
  • 名前→向井勇生(むかいゆうき)
  • 年齢→25歳
  • 住所→大阪府和泉市鶴山台
  • 職業→建設作業員

双子の兄。

  • 名前→向井亮太(むかいりょうた)
  • 年齢→25歳
  • 住所→大阪府和泉市鶴山台
  • 職業→建設作業員

顔写真は現在特定されておりませんので、特定し追記します。

職業は建設作業員。「また建設…」となるほど、この職業で虐待したニュースなどをよく見ます。高校を出ていなくても、中卒でも誰でもなれるイメージの建設作業員。中学生なんてまだまだ子ども。大人になり切れなかった双子が今回の事件を起こしたのかと推測できます。

頭を使えないから肉体的労働にしか就けない。そんな人は自分の感情だけで突っ走る。喜怒哀楽が止められない。相手がどう思うとかそんな考えにはならない人が多いのでしょう。元交際相手の女性にも日頃から口が悪く威圧的な態度だったと考えられます。

Facebook、Twitter、インスタグラムのSNSの情報を調べました。名前と同一人物が検索結果に出てきたのですが、向井勇生容疑者は横顔で少しわかりづらく、先程もふれたように亮太容疑者は顔画像が特定されておらず本人かどうかの確信がないため、今こちらに貼るのは控えておきます。

今後特定し、追記していきます。

強制性交容疑の現場自宅を特定か

事件が起きた現場は大阪府和泉市鶴山台の集合住宅。こちらは兄の向井亮太容疑者が乱暴を行った場所。鶴山台の集合住宅は「鶴山台第三住宅20号棟」である可能性が高いです。

出典:Twitter
出典:Googleマップ

向井勇生容疑者が乱暴した元交際相手の女性の自宅は大阪府内ということが分かっています。大阪府和泉市は大阪府泉北地域に位置しており、人口は約18万6千人で都市環境と豊かな自然が調和した「トカイナカ」で子育てがしやすいまちとされています。

シングルマザーとして子育てしていくのに、「子育てしやすい」という部分に惹かれて和泉市を選んだのでしょう。

大阪女児性的暴行(レイプ)した双子の悲惨な理由

向井勇生容疑者と亮太容疑者はお互いに乱暴していたことは知らないとされていますが、果たして本当なのでしょうか。口では何とでも言えます。元から8歳の女児を狙っており、母親と交際を始めたとも考えられます。

向井勇生容疑者と亮太容疑者でどの子を狙おうか選別し、シングルマザーと分かった途端に近づいたのではないでしょうか。身近な存在になれば乱暴も行いやすくなる。母親には初めから興味なんてなく8歳の女児だけに興味があった。

双子はお互いに知らなかったのではなく、それ目的で近づいているので女の子と2人きりになった時はそういう時だと分かっていたはずです。

母親はシングルマザーで1人で子育てをし、交際相手がいることで心が満たされていたのでしょう。女の子が母親に言うまで本当に気付かなかったのでしょうか。そんな訳ありません。「強制性交容疑」は性犯罪の中で最も重い犯罪とされている。

そんな罪をまだ8歳の女の子にした。心も体も傷を負っているはず。気付かないわけがありません。少なからず異変に気付くはずです。それでも見て見ぬふりをしてきた母親は双子と同じように加害者です。

昨年の11月に母親に訴えたとありましたが、本当はそれまでも母親に訴えていたとも考えられます。母親は自分のことが好きだから交際していたと思っていたが、本当は自分の娘に興味があったことが分かりながらも双子に「辞めて」と言えば自分の元から離れて行ってしまう。

もう1人になりたくない。それを恐れて娘に我慢させていたとしたら…。女の子も母親に嫌われたくなかったから我慢するしかなかったと考えられませんか?シングルマザーで育てていくのは大変なことだと思いますが、その道を選んだのは母親本人。

子どもを産んだということは責任を持って育てていく、守っていく義務があります。自分の感情だけで子どもを巻き添えにしていいわけがありません。

向井勇生容疑者と亮太容疑者はこれが1回目ではないと推測できます。性犯犯罪者は同じことを繰り返す。これまでも同じことをしてきたとしか考えられません。日頃から自分の欲求を満たすために双子2人で小さな女の子を狙っていたとしたら、そんな思考に育てた親も同罪です。

ネットの反応

同い年の娘がいる。こんな小さい子にって思うと本当に悲しい。鬼畜過ぎる。

こんな欠陥品の親だもの

どうせまともに育ててないから大変でもなかっただろうよ

交際相手の男から男の子なら暴力、女の子なら強姦、子連れのシンママは危機感持って欲しい。子供の様子見てたら知らなかった訳ないでしょ?男に逃げられるの嫌で見て見ぬ振りしてたんでしょ?何でこうも低能なオンナには簡単に子供ができるんだろう。欲しくても授からない人はたくさんいるのに。

弟向井勇生(ゆうき)と兄向井亮太の顔画像・生い立ちどんな人物?

こんな悲惨な事件を起こす容疑者を作り出したのは親。もしかしたら父親が母親がいない間に家に連れ込んで、向井勇生容疑者と亮太容疑者の目の前で同じように小さな女の子に暴力していたとしたら、脳裏に染みついているはずです。

SNS等で特定出来次第、追記していきます。

コメント

  1. 宮田いく より:

    建設作業員を一括りに馬鹿にしないでください。
    教養があっても無くても、人が暮らす建物を自らの手で造りたくて建設の仕事に就く人もいます。
    あまりに失礼な文章です。