松たか子のアカデミー賞歌唱に海外の反応大絶賛情報は嘘か?フルバージョン動画も

エンタメ

2月10日「第92回アカデミー賞授賞式」がロサンゼルスで開催され、松たか子さんが「アナと雪の女王2」の主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン」を世界9か国のエルサ役と披露しました。アカデミー賞授賞式での日本人の歌唱は初めてのことです。

松たか子さんの歌唱力を海外の方が称賛しているとニュースになっていますが、それは嘘だという声がありますが本当は世界の反応はどうなのでしょうか。松たか子さんが歌う「イントゥジアンノウン」のフルバージョン動画も紹介します。

松たか子がアカデミー賞で日本人初歌唱

第92回アカデミー賞授賞式が10日、米・ロサンゼルスで開催され、松たか子(42)が「アナと雪の女王2」の主題歌「イントゥ・ジ・アンノウン」を歌唱した。同授賞式での日本人の歌唱は初めて。

長編アニメ映画賞を「トイ・ストーリー4」、短編同賞を「ヘア・ラブ」(原題)が受賞。スピーチ終了後、イディナ・メンゼルをはじめ世界9カ国のエルサ役が集結しパフォーマンスを披露した。

イディナが1コーラス目を歌い、2コーラス目にピンクぺージュのドレスで登場した松はロシア、ドイツ、スペインなど各国の歌姫とともに1フレーズずつ歌った。パフォーマンス後は笑顔で各国のエルサ役と抱き合った。

引用元:Yahoo!ニュース

松たか子さんはこうコメントしています。

「でも自分以外のエルサと一緒にいるというのはそうそうあることではないので、とっても貴重な時間だなと思います。みんな『素晴らしい経験よね』ということで喜んでいて、みんな明るく気遣いあって、プリンセスをやった人の優しさにあふれていました。なるほどこういう人たちがやっていたんだと勉強させてもらいました」

出典:Yahoo!ニュース

これほど大きな舞台で全員の方が非常に堂々と歌唱しており、さすが世界のエルサだなという感じがあります。ただソロで歌う部分が短く、松たか子さんの良さが存分に発揮できてないように感じます。

迫力のある高音の歌声や伸びが非常に好きなので、盛り上がる部分をぜひ歌ってほしかった。それでも、感情の入れ方がやはり上手い…というのが率直な個人の感想です。一言一言セリフを言うかのように歌い上げる松たか子さんの「イントゥジアンノウン」はグッとくるものがあります。

ただ、元々松たか子さんの歌声を聴いているから知っているというのもあります。

ネットの反応

松たか子のアカデミー賞歌唱に海外の反応大絶賛情報は嘘か?

前作の「アナと雪の女王」でもエルサ役を演じ、主題歌「レットイットゴー」を歌っていた松たか子さん。前作の時には海外から絶賛されたり日本のエルサは人気でした。前作より難しいとされている「イントゥジアンノウン」なので、もちろん今回の評価も良いはず。

予想通り海外では称賛の声が…!とのニュースが。

権威ある舞台で日本人史上初となる歌唱を披露した“日本のエルサ”に、海外ファンはSNS上で賞賛の嵐。「何て声なの」「世界最高の美声」と絶賛している。

引用元:Yahoo!ニュース

ただ、アカデミー賞でソロで歌唱を披露したのは「どうして呼び続けてるの」のみ。その為ネット上では「褒めすぎて逆に松たか子さんに失礼だ」という意見が。「歌が上手いのは知っているが、松たか子さんの歌声を知らない人がこの短いフレーズで何が分かるんだ」といった声。

他のフレーズを歌った方に比べて、松たか子さんの美声を聴かせる前に終わってしまった感があります。あの部分だけで「世界最高の美声」と絶賛できるのは大袈裟だと思いませんか?

それに比べて前作で松たか子さんの歌声が世界的に知られることになった「アナ雪 25か国バージョン」は、サビからの「ありのままの姿見せるのよ」の部分。

文字にしたら同じくらいですがやはりサビの方が盛り上がる部分でもあるので、より高音が目立つのではないかと考えられます。海外の方が絶賛していたのは、元々「レットイットゴー」を聴いていた。もしくは松たか子さんが歌う「イントゥジアンノウン」を知っていた。

ということが考えられませんか?良さが存分に発揮できない部分で、”初めて”松たか子さんの歌声を聴いた方たちが絶賛したのかは謎でしかありません。

アナ雪2松たか子歌唱フルバージョン動画も

アカデミー賞授賞式では存分に松たか子さんの歌声を聴くことは出来ませんでしたが、フルバージョンで聴くと美声であることや海外の方から絶賛されるのがよく分かります。

コメント