白石麻衣は特別な存在で平手友梨奈が嫌われ続けた理由「まいやんは宝。てちはクビ」

エンタメ

乃木坂46の白石麻衣さんの卒業シングルは1期生全員が選抜メンバーという、かなり貴重なシングルとなることが分かりました。センターの白石麻衣さんを1期生全員が囲むという素晴らしいフォーメーションで、あたたかく送り出す感じがすでに見受けられます。

ファンからは歓喜の声で溢れており、愛されていたことがよく分かります。その逆に欅坂46の平手友梨奈さんは卒業シングルも卒業公演もなしです。

白石麻衣さんが「卒業」平手友梨奈さんは「脱退」。グループを離れるというのは同じでも、離れる言葉のチョイスでこれほど闇を感じることはない。愛され続け特別な存在とされていた白石麻衣さんに対し、嫌われ続けた平手友梨奈さんのクビ。理由は何なのか…。

白石麻衣は特別な存在で愛され続けた理由

白石麻衣さんの卒業シングルの選抜メンバーが発表されましたが、1期生全員福神というかつてないシングル。バラエティー番組でお笑いコンビバナナマンの設楽さんが「乃木坂46の歴史というか重みを感じる選抜」と仰っていましたが、本当に乃木坂46の歴史を感じます。

1期生は乃木坂46の原点であり作り上げてきた人達。そのメンバーで白石麻衣さんの卒業シングルを作るというのは、なんとも感慨深いものです。白石麻衣さんの卒業を、みんなであたたかく送り出しそうというのが伝わってきます。

メンバーに愛され、運営側やスタッフさんに愛され。乃木坂46にとって白石麻衣さんは「特別な存在」だというのがとてもよく分かります。でなければ、こんな粋な選抜はされなかったでしょう。初期メンバーと共にラストを迎える。白石麻衣さんにとってこのシングルは「宝」でしかないでしょう。

これだけ多くのファンを獲得しメンバーからもスタッフからも愛され続けたのは、白石麻衣さんの人柄にあるでしょう。モデルや女優の仕事もやりながらアイドルの仕事にも力を抜かず全うする。当たり前のことですがそれが出来ない人もいます。

ノースキャンダルで乃木坂46の顔でい続けたこと。アイドル業以外の仕事をすることで、乃木坂46を知らなかった方も白石麻衣さんを通してファンを獲得する。「私はアイドルだ」ということを常に念頭に置いていて、マスコミやネット民に隙すら見せなかった。

「プロ意識が高い」とこれほどアイドルを徹底し先頭に立ち続ける人はまずおらず、乃木坂46に貢献し続けたことは誰が見ても分かります。白石麻衣さん自身が先頭に立ち続けることでお手本の姿を見せてきた。「かっこいい」「尊敬する」「ついていきたい」そう思わないメンバーはいないでしょう。

白石麻衣さんが愛され続けたのは、白石麻衣さん自身もみんなを愛し続けていたから。ファンの方が求めているアイドル像に応え続け乃木坂46をここまで大きくしたことは、運営側にとって特別な存在でしかありません。

「最後にまいやんの希望を叶えたい」運営側にそう思わせてしまうのは、やっぱり白石麻衣さんだからです。白石麻衣さんから「最後はこうして」ではなく運営側に思わせたのは、やっぱり人柄とこれまでの実績からでしょう。

まいやんは宝。てちはクビ

白石麻衣さんとは対照的に急な「脱退」の発表となった欅坂46の平手友梨奈さん。グループから抜けるのは2人共変わらないのに「脱退」という言葉だけで、「何かあったのか?」と思ってしまいませんか?同じ絶対的エースとして前に立ち続けたはずなのに…。

しかも卒業シングルも卒業公演もなし。惜しまれながら卒業するまいやんと、急に脱退を宣言し次の日から欅坂ではなくなったてち。あまりにも対照的すぎる2人。この”差”には何か理由があると誰もが感じるでしょう。

最後まで乃木坂46の「宝」として扱われていた白石麻衣さんに対し、実質「クビ宣告」とも言われている平手友梨奈さんはそうなってしまった理由があるからこれだけの差がある。「クビ」と言われるまで嫌われ続けた平手友梨奈さんの行動は一体何だったのでしょう。

平手友梨奈が嫌われ続けた理由

出典:Twitter

白石麻衣さんが愛され続け特別な存在として、ファンはもちろんメンバーからもスタッフからも惜しまれながらの卒業。逆に平手友梨奈さんがネットでは叩かれ続け、メンバーや運営側に嫌われていたとされるのはなぜか。全てはこれまで平手友梨奈さん自身がしてきたことが原因です。

「2017 FNS歌謡祭 第2夜」(フジテレビ系)の本番直前に平手さんが楽屋で待機しているときに突然泣き出したんです。 『私、出演した方がいいですか? 今日出たくないです。笑ってパフォーマンスしたくないんです』と平手さんが言い出した。本番30分前でバタバタしていましたが、スタッフメンバー総出で必死で説得しました。今まで笑わないアイドルと言われていた欅坂46が“笑顔解禁”というコンセプトの曲でしたが、『では、今日は笑顔じゃないバージョンでいきましょう』と取り成して、 曲のコンセプト度外視で、メンバー全員笑顔を見せないよう指示がありました

「これ以降、平手さんが言うことは絶対視されるようになる。すべては平手さんのご機嫌次第。2019年2月にリリースされた8枚目のシングル『黒い羊』以降、シングルが発売されていないのも、平手さんが新曲に納得しなったから。その曲のミュージックビデオ撮影を平手さんはドタキャンしたのです」

出典:Yahoo!ニュース

てちは欅坂46のセンターだから。運営が推してるから。だったら「自分のわがままは全て通る」と勘違いした子どもすぎる平手友梨奈さん。1度わがままが通ってしまったが故に味を占めて、自分の思い通りにならなければ「やりたくない」と言い、気分じゃないときはドタキャンする。

病気がちではなく気分屋だっただけ。当たり前のように自分がやりたいようにやってきた平手友梨奈さんに対して、メンバーが何も感じないわけがありません。運営側も扱いづらいと思わないわけがない。調子に乗りすぎた結果が嫌われ続けた理由だと推測できませんか?

大人の言うことを聞かず小さい子どものように「嫌だ嫌だ」と駄々をこね続け、みんなに迷惑をかけ続けたてちは必要ないと「クビ宣告」されたのでしょう。最後にこれまでのことを反省しみんなに謝ったら、卒業シングルや卒業公演が出来たかもしれない。

それなのに最後まで大人になれなかった。平手友梨奈さんは今まで全面的に推されてきたのに初めて「いらない」と言われ、皮肉を込めて「脱退」にした。

平手友梨奈さんが抜けた今、大人たちは大人たちのやり方で思うように作り上げることが出来るのに、ホット安心するどころか笑いが止まらなくなっている…に違いないです。

コメント