平手友梨奈(てち)脱退理由はいじめが原因?「今泉卒業の主犯格が特別扱いされ続け孤立」

エンタメ

2020年1月23日(木)欅坂46の中心メンバーである、平手友梨奈さんがグループを脱退したことが発表されました。さらに、 鈴本美愉さんと織田奈那さんの卒業。そして、 佐藤詩織さんの一時活動休止も同時に発表されています。

欅坂46のエースと言われる平手友梨奈さんの、卒業ではなく「脱退」の理由は何なのか。脱退理由は「いじめ」が原因ではないか?と言われています。以前今泉佑唯さんが卒業しましたが、その理由も同じく「いじめ」だと言われています。

今泉佑唯さんいじめの主犯格は平手友梨奈さんだったのに、運営側から特別扱いされ続け孤立したため、脱退に追い込まれてしまったのでしょうか?

平手友梨奈(てち)が欅坂46電撃脱退!

出典:Twitter

2020年1月23日(木)、欅坂46絶対的エースの平手友梨奈さん脱退発表がありました。サヨナラ公演もなし。この衝撃的なニュースにネットでは驚きと戸惑い、「何故てちが脱退?」と荒れていました。

さらに、欅坂46は平手友梨奈さんの脱退だけでなく、 鈴本美愉さんと織田奈那さんの卒業。そして、 佐藤詩織さんの一時活動休止も同時に発表されました。一気に4人のメンバーのこれからを突き付けられ、欅坂46運営側に対しての不満やグループの嫌な噂まで出てきています。

欅坂46メンバーと運営側への不信感

欅坂46では、これまで「いじめ」「熱愛」などが報じられています。欅坂46を卒業していった方達の中で、今まで1人も円満に「私はやり切った!」と、悔いなく去っていった方はいないのではないか。そんな声も聞こえてきました。

平手友梨奈脱退理由はいじめが原因?

平手友梨奈さんが卒業ではなく「脱退」という言葉を選び、ラジオで脱退の理由を話した時には

その件については、今は話したいと思わないので、いつか自分が話したいと思った時に機会があればお話しさせていただこうかなと思っております

引用元:Yahoo!ニュース

と話しており、「いじめ」が原因ではないか?と言われています。「今は話したくない」この言葉の裏には、不本意だけど脱退するしかない・・・そんな気持ちも感じます。

今泉佑唯卒業の主犯格が特別扱いされ続け孤立

2018年に今泉佑唯さんが卒業され、その原因が今泉佑唯さんが注目を浴びるのが許せず、平手友梨奈さんを崇拝する取り巻き5人が「いじめ」をしていたと言われています。暴言、化粧品や靴下が片方隠される、楽屋に鍵をかけられて入れないなどの陰湿ないじめがあったとされています。

実は取り巻きが5人が平手友梨奈さんをかばっていて、主犯格は平手友梨奈さんだったということがグループ内でもその実態が明らかとなっていった。そして、それでも変わらない運営側からの特別扱いにどんどん周りに人がいなくなっていってしまった・・・。

さらにプロ意識が高くストイックな平手友梨奈さんは、欅坂46の色はこうだ!とイメージが違えばそれを指摘し、楽曲の制作が進まないのを他のメンバーはどんどん嫌気がさし、メンバーと平手友梨奈さんの温度差が激しく孤立していたのではないでしょうか。

14歳から欅坂46の色として引っ張ってきた

とは言え、欅坂46結成時の最年少メンバーとして14歳からセンターをこれまで務め上げたのは、並ならぬ精神力と努力が必要なはずです。それなのに、何も知らないネットでのアンチコメントはものすごくきつかったでしょう。

今泉佑唯さんのいじめに関しても本当は平手友梨奈さんは主犯格ではなく、どうにかしてほしくて運営側にお願いしていたのかもしれない。それなのに、何も動いてくれなかったことに不信感を抱き始めていたのかもしれません。

平手友梨奈が「脱退」を選んだ理由

鈴本美愉さんと織田奈那さんは「卒業」平手友梨奈さんは「脱退」。平手友梨奈さん本人の意思を尊重したとされていますが、スッキリで近藤春菜さん

「自分でこういうキャラクターでいく。こういうキャラクターが合ってる。こういう性格だとか、そういうのを全面的に打ち出していて、卒業ではなく脱退という言葉選びをしたのは自分に合ってるから。最後まで自分をプロデュースしているのではないか。」

と話していました。そして、過去に「ももいろクローバー」で活動されていた早見あかりさんも、卒業ではなく脱退という言葉を選んでいましたが「ももクロでやりたいって思っていたことを成し遂げていないから脱退。決別の意味を持って脱退」なんだと話しています。

てちは、ファンに勇気と希望を与え続けた

平手友梨奈さんは、「最後まで自分の力を出し切れなかった。やりたいことをやり切れなかった」そんな思いがあったのかもしれません。でも、ファンの方達は勇気と希望をたくさん貰っていました。

そして、プロ意識の高い平手友梨奈さんは最後まで自分のキャラクターを貫いたのでしょう。ここまでセンターとして走り切ったのは誰でもできることではないので、本当に素晴らしく頭が下がります。今後の平手友梨奈さんの活躍を楽しみにしています。

コメント