ミルクボーイネタは面白い?面白くない?つまらない?筋肉ボディビルや角刈りも話題!

エンタメ

2019年の「M-1グランプリ」の決勝出場者は、敗者復活を覗いた9組中7組が初出場となっています。

こんなに初出場の芸人さんが多いのも、珍しい気がしますね。

そんな「M-1グランプリ2019」のファイナリストである、「ミルクボーイ」のネタは面白いのでしょうか?
面白くない、つまらないと感じている方もいるのでしょうか?

駒場さんの筋肉やボディビル、内海さんの角刈りも話題になっているようです。

今回は、そのことについて紹介していきます。

関連記事

M-1グランプリ2019ファイナリスト「ミルクボーイ」とは?

今年も、「M-1グランプリ」の時期がやってきました!

2019年のM-1のファイナリストの1組である「ミルクボーイ」は、今回初出場となります。

そんな「ミルクボーイ」のプロフィールを、紹介します。



(青M)ボケ担当駒場さんと、(赤M)ツッコミ担当内海さんの、2007年7月7日結成の吉本興業所属のコンビです。

高校時代は、お互い違うコンビを組んでいて、「M-1甲子園」に出場していたそうです。
ちなみにコンビ名は、駒場さんは「レペゼンズ」で、内海さんは「コスモス」でした。

2007年7月に「baseよしもと」のオーディションを受けるにあたって、正式にコンビを組みました。

ネタは面白い?

正直、M-1のファイナリストが発表されるまで、ちゃんと「ミルクボーイ」のネタを見たことがなかったので、見てみたのですがかなり面白いです!

このネタとか、「たませんやないか!」「たませんちゃうやないか」の繰り返しなんですけど・・・それが笑えるんですよね(笑)

ミルクボーイ 【よしもと漫才劇場4周年SPネタ】
よしもと漫才劇場チャンネル

「ミルクボーイ」のネタは、「リターン漫才」と呼ばれる漫才を得意としていて、上の漫才のように駒場さんの話題に対して、内海さんが肯定と否定を繰り返していく・・・

といった感じの漫才ですね♪

そんなミルクボーイのネタを「面白い」と感じている方が、たくさんいます。

そうなんですよ。
「ミルクボーイ」って中毒性があるんですよね!

面白くない?つまらない?

「面白くない」「つまらない」でSNSを調べてみましたが、そういった声はかなり少なかったです。

というか、ほとんどないに等しかったですね。

「面白くない」というのも、2012年とかなり前だったり、「面白いのと面白くないの差が激しい」」といった感じでした。

ネタのことは詳しくないですが、ネタの感じを変えたり、色々な経験から変わってくることもあるだろうから、変化があったのかもしれませんね。

駒場の筋肉やボディビル、内海の角刈りも話題!

駒場さんは、筋肉やボディビルについて。
内海さんは、角刈りについて話題にあがっています。

駒場さん、すごい筋肉ですよね!

趣味をボディビルとしていたり、普段は暇さえあればジムに通っているそうです。

内海さんは、角刈りが特徴的で、駒場さんと違って肥満体型です。

そんな特徴を持つお2人ですが、漫才で筋肉や肥満キャラは、一切使わないようですね。

最後に

今年は、M-1のファイナリスト9組中7組が初出場ということで、フレッシュな顔ぶれとなりますね!

「ミルクボーイ」のネタは、本当に中毒性があって、こう来るよね!って分かっていても、笑ってしまうんですよね。

今年はどのコンビが優勝するのか。
とても楽しみです♪