スポンサーリンク

内田梨瑚の不倫担当刑事「素行が悪い要注意人物だった」「変な写真や動画も存在」

ニュース・事件
スポンサーリンク

旭川市で起きた17歳女子高生殺害事件。逮捕された内田梨瑚容疑者と、事件を担当していた旭川中央署の刑事が不倫していたことが分かりました。担当刑事は誰なのでしょうか。

スポンサーリンク

内田梨瑚が担当刑事との不倫暴露

2024年5月に内田梨瑚への聴取で「中央署のXさんとは不倫関係にありました」との暴露で監察が入って担当刑事は強行犯係の係長から裏方の警務課に左遷されたようです。
問題がある警察官を置いておくと情報漏洩されるので懲戒免職した方がいいと思いますが、旭川中央署は想像力がない様子。

事件の前からで
警部補は妻子持ち
バレて
今年4月、強行犯係の係長から裏方の警務課に配置換え(左遷)
らしい

担当刑事との不倫が発覚したのは、内田梨瑚容疑者の暴露によるものでした。事件を担当されている時に、担当刑事から内田梨瑚容疑者にとって不都合なことでも言われたのでしょうか。その腹いせに不倫を暴露したとしたら、これまでの内田梨瑚容疑者と何も変わっていません。

自分に都合の悪いことをされたら、相手に何かをしないと気が済まない。17歳の女子高生を殺害したことも、反省しているようには感じません。

スポンサーリンク

内田梨瑚の担当刑事のプロフィール

内田梨瑚容疑者と不倫関係にあったと「文春」により報じられた、担当刑事のプロフィールは下記の通りです。

  • 家族→妻、子ども
  • 職業→強行犯係の係長から裏方の警務課に左遷
  • 職場→北海道警旭川中央署
  • 内田梨瑚との関係→不倫、事件を担当していた刑事

妻と子どもがいながら、警察官でありながら、内田梨瑚容疑者と不倫していたのです。人を守るどころか、自分の欲求を満たすためだけに妻と子どもを傷つけたのです。そんな人が、警察官として人々を助けることなど出来るはずがありません。

スポンサーリンク

内田梨瑚の担当刑事「素行が悪い要注意人物だった」

「素行の悪さから要注意人物としてマークされていました」
これって、●人犯ではなく、不倫相手の刑事のこと
日本のモラルは壊滅したんだね

「素行が悪くて要注意人物」と聞くと、事件の内容からしても内田梨瑚容疑者のことかと思ってしまいますが、素行が悪くて要注意人物としてマークされていたのは担当刑事でした。担当刑事がマークされるような人だったから、内田梨瑚容疑者とも気が合ったのでしょう。

刑事で素行が悪くて要注意人物と言われるとは、そんなことがあってはならないですよね。そんな人が警察官にいるとなったら、とても安心して過ごすことはできません。とても信じ難い、衝撃の情報です。

周りの警察官は、内田梨瑚容疑者と不倫していたのが担当刑事だったということは「だろうね。」と、誰も疑いもせず納得しているに違いありません。

スポンサーリンク

内田梨瑚の担当刑事「変な写真や動画も存在」

警部補の変な写真や動画も存在してるんじゃ

さらに「文春オンライン」で、「4月下旬ごろ、梨瑚は家に警察が来ていたのをインスタのストーリーにあげていたんです。『待って、どうしたのwwww』って感じでDMを送ったんですけど、結局反応はありませんでした。警察に押収されてしまったんでしょうね……」と内田梨瑚容疑者の知人が話しています。

内田梨瑚容疑者は、自分が逮捕される瞬間をインスタに投稿するくらいです。担当刑事と不倫関係にあったことが分かるような画像や動画も撮っていたと考えられます。どんな時も、写真や動画を撮って残していたいのです。

スポンサーリンク

内田梨瑚の担当刑事は反省していない

記事を読みましたが、旭川中央署署長のあまりに軽い他人事の答えに開いた口が塞がらない。当の警部補は「俺は運が悪かった」などと言う始末。署内では他にも複数の警察官が不倫で処分されている模様。旭川という街は市役所も教育委員会も警察も完全に終わっている。

内田梨瑚容疑者と不倫関係にあった担当刑事は「俺は運が悪かった」と言い、全く反省をしておりません。不倫相手が内田梨瑚容疑者でなければ良いという問題ではありません。このような発言が、担当刑事が素行が悪くて要注意人物と言われるところの1つなのでしょう。

相手が悪かった。運が悪かった。それで担当刑事の家族は納得するはずがありません。被害者の17歳女子高生の家族も。「ちゃんと捜査してくれているの?」「あやふやにしないで真実を明らかにしてほしい」亡くなった17歳女子高生や被害者家族の気持ちを考えると、こんなことが発覚しては心が痛いです。

スポンサーリンク

内田梨瑚と担当刑事が不倫概要

今年4月、北海道・旭川市で17歳の女子高校生が橋から落とされて殺害された事件。殺人の疑いで再逮捕された内田梨瑚容疑者(21)と同事件を担当していた北海道警旭川中央署のX警部補が不倫関係にあったことが「週刊文春」の取材でわかった。旭川中央署の署長は取材に対し否定せず、北海道警本部は「個別具体的な内容については、回答を差し控えます」とした。2人の不倫関係が殺人事件の捜査に影響を及ぼさなかったか、今後、道警には詳しい説明が求められるだろう。

引用元:文春オンライン