スポンサーリンク

山上徹也Twitterまとめ「信じてた人に裏切られた時が1番凶悪になれる」アカウントは”silent hill 333″

ニュース・事件
スポンサーリンク

安倍晋三元首相銃撃事件を起こして殺害した、山上徹也容疑者のツイッターアカウントは「silent hill 333」と特定しています。山上徹也容疑者のTwitterを生い立ちや心の闇、統一協会、安倍晋三元首相、他の政治に分けてまとめていきます。

スポンサーリンク

山上徹也Twitterアカウントは”silent hill 333″

山上徹也容疑者は、Twitterで統一協会や安倍晋三元首相に関するツイートをしていました。山上徹也容疑者のTwitterアカウントは「silent hill 333」。現在凍結されています。

山上徹也容疑者がフォローしていたTwitterアカウントは、たったの”2”つ。「ダ・ダ・恐山」と「文春オンライン」だけでした。

スポンサーリンク

山上徹也容疑者は、ツイッターの名前を「silent hill 333」にしていました。「silent hill 333」にはどんな意味があり、何故「silent hill 333」にしていたのでしょうか。

サイレントヒル3=KONAMIのホラーゲーム
・主人公の少女が、家族を殺したカルト教団に復習を果たす物語
・しかも少女の前世は、カルト狂いの母親によって悪魔の生贄にされているという設定
・「きっと同作品をプレイして山上容疑者は他人事ではなかったのでは」という分析も

山上徹也容疑者はゲームのストーリーが自分と同じ、まさにこの主人公のようだと思い「silent hill 333」にしたのでしょう。

スポンサーリンク

山上徹也Twitterまとめ「生い立ち、心の闇」

山上徹也容疑者のツイッターをまとめていきます。まずは、生い立ちに関してのツイート。

オレが14の時、家族は破綻を迎えた。統一協会の本分は、家族に家族から窃盗・横領・特殊詐欺で巻き上げさせたアガリを全て上納させることだ。70を超えてバブル崩壊に苦しむ祖父は母に怒り狂った、いや絶望したと言う方が正しい。包丁を持ち出したのその時だ。

祖父はオレ達兄妹を集め、涙ながらに土下座した。自分の育て方が悪かった、父と結婚させた事が誤りだった、本当に済まないと。

オレはあの時何を思えばよかったのか、何を言うべきだったのか、そしてそれからどうするべきだたのか、未だに分からない。

スポンサーリンク

根本的に家族として崩壊したまま、現実は上滑りしていった。あの破綻以来、徐々に勉強は分からなくなって行ったが、それでも祖父が周囲に自慢できるほどの進学校には進んだ。入試後の気の抜けた雰囲気の校内で、沈み込むオレを見てクラスメイト達は入試に落ちたのだと噂した。

祖父はオレ達に土下座した後、懇願した。これ以上どうする事もできない、田舎に帰るから出て行ってくれと。この言葉はオレを縛り続けた。祖父を信じることができなかった。事実祖父は年に一度か二度、荷物をまとめるようオレに迫った。それからオレを守るのは、皮肉な事に張本人の母だった。

混乱し誤魔化し続けた現実のまま、ある日祖父は心臓発作で亡くなった。これまで祖父の目を盗んで金を統一協会に渡していた母を咎める者はもういない。全てを手にした母は、韓国人が選民と信じる者にしか存在しない対価と引き換えに全てを引き渡し、そして言った。「祖父の会社に負債があった」と。

祖父は死後も辱められた事になるが、それを知るのはそれから10年後だ。ジョーカーは何故ジョーカーに変貌したのか。何に絶望したのか。何を笑うのか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山上徹也Twitterまとめ「統一協会」

山上徹也容疑者はツイッターを始めてから、ずっと統一協会に対しての恨みをツイートしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山上徹也Twitterまとめ「安倍晋三元首相」

元々、山上徹也容疑者は安倍晋三元首相を支持していました。しかし2020年9月、三浦瑠麗さんのTwitterの投稿にあった安倍晋三元首相のイベントの写真を見てから「どこまで入り込んでいるのか…」とあるように、統一協会と関わりがあることに気づいた山上徹也容疑者は、安倍政権と統一協会との関係を調べ始めたのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山上徹也Twitterまとめ「その他政治」

スポンサーリンク

山上徹也Twitterまとめ「信じてた人に裏切られた時が1番凶悪になれる」

2019年時点では安倍を信じてた模様

信じてた人に裏切られた時が1番人が凶悪になれる時なんですよね。

山上徹也容疑者は安倍晋三元首相を支持していましたが、自分が恨み続けて来た統一協会との関わりを知り、信じていた人に裏切られたような感覚だったのでしょうか。