スポンサーリンク

山上徹也「家族は特定の宗教団体により壊れた」生い立ち経歴も判明!安倍元首相銃撃事件

ニュース・事件
スポンサーリンク

山上徹也(やまがみてつや)容疑者が安倍晋三元総理を銃撃し、殺害した事件。山上徹也容疑者の家族や生い立ち、以前の仕事など経歴について分かってきました。情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

山上徹也「家族は特定の宗教団体により壊れた」

山上徹也容疑者が、安倍晋三元総理を銃撃して殺害した事件。安倍晋三元総理を狙った理由は「政治信条に対する恨みではない」「特定の団体に恨みがあり安倍元総理が繋がりがあると思い込んで犯行に及んだ」と供述しています。

山上徹也容疑者は今年の春ごろには銃を完成しており、計画的犯行であることが分かりますよね。その上、銃のようなものを複数作っていました。このことから非常に強い殺意を感じますが、なぜ山上徹也容疑者は、安倍晋三元総理を殺害しようと思うほどの恨みが特定の宗教団体にあったのでしょうか。

スポンサーリンク

引用)容疑者の親族という男性は取材に、「特定の宗教団体を巡って容疑者の家庭は壊れた。本人はその団体から被害を受けていたはずだ」と話した。

山上徹也容疑者は特定の宗教団体によって家庭が壊され、山上徹也容疑者自身も被害を受けていたという情報が出ています。山上徹也容疑者の家族は、母親と3歳下の妹がいます。父親は、山上徹也容疑者が小さい頃に亡くなっています。

スポンサーリンク

山上徹也容疑者は自分自身だけでなく、母親や妹にも被害が遭ったという事なのでしょうか。父親が小さい頃に亡くなり、女手一つで妹と山上徹也容疑者を育ててくれた母親。家族みんなで助け合ってきたのでしょう。そんな家族までもが壊されたことで相当な恨みを持っていたということです。

家庭が壊れるほどの被害とは一体何なのか。自分も被害を受けていれば、当然怒りや苦しみがあります。さらに家族を壊されたとなれば、恨みは増すでしょう。しかし、だからと言って安倍晋三元総理を殺害する理由にはなりません。

スポンサーリンク

山上徹也の生い立ち「引きこもりがち」

山上徹也容疑者の生い立ちが判明しています。山上徹也容疑者の生い立ちは下記の通りです。

山上徹也容疑者の母親は奈良市内で育ち、結婚して三重県に嫁ぐ

山上徹也容疑者と3歳下の妹を出産

早くに山上徹也容疑者の父親が亡くなる

祖父が1人で住んでいた奈良市平松の一軒家に引っ越す

祖父が亡くなる

事件現場に近い西大寺近辺など引っ越しをくり返し、約15年前に再び奈良市平松の一軒家に引っ越す

1999年、奈良県大和郡山市の県立高校を卒業。3年間応援団に所属していました。山上徹也容疑者の同級生は「今はメガネかけてるんやな」と話していることから、高校時代はコンタクトだったか視力が良かったということが分かります。

スポンサーリンク

山上徹也容疑者の子どもの頃を知る人物は「非常におとなしかった」と話します。さらに「男の子がいた記憶がない」という人が多く「外にあまり出ていなかった」と、引きこもりがちだったという証言もあります。高校時代の山上徹也容疑者もおとなしい性格で社交的な方ではなく、卒業アルバムには、将来の自分について「分からん」と書いていました。

山上徹也容疑者の家族は、約15年前に再び奈良市平松の一軒家に引っ越していますが、山上徹也容疑者はほとんど姿を見せていません。ということは、この頃はすでに一人暮らしをしていたと考えられます。そして現在、山上徹也容疑者が住んでいる自宅は学生や単身者が多いマンションで、同じ階の部屋は6畳であることが分かっています。

スポンサーリンク

山上徹也容疑者が結婚していたとしたら、このようなマンションには住んでいないでしょう。さらに山上徹也容疑者に妻や子どもがいたら、そのように報じられているはずです。その為、独身だった可能性が非常に高いです。

おとなしい性格で、他人への攻撃性を想起させるような話はまったく聞かれなかった山上徹也容疑者。しかし、心の中では特定の宗教団体に強い憎しみを抱いており、安倍晋三元総理を銃撃するという凶悪な事件を起こしたのです。

スポンサーリンク

山上徹也の経歴”安倍晋三元首相銃撃事件”

山上徹也容疑者は元海上自衛隊だったと報じられていますが、2002年8月から3年間、海上自衛隊の任期制自衛官として勤務していたことが分かりました。

賞罰や処分の記録はなく、任期満了で海士長の階級で退職したという。

 長崎県佐世保市の佐世保教育隊で実習後、02年12月から04年4月まで呉基地の護衛艦「まつゆき」に配属。砲雷科に配置され、大砲など艦載武器の取り扱いに関する訓練を受けた。その後は海自第1術科学校(広島県江田島市)に移り、練習船の乗組員となった。

(毎日新聞より)

スポンサーリンク

山上徹也容疑者は現在無職。今年の5月までは約1年半、大阪府内の人材派遣会社に在籍し、京都府内の倉庫に派遣され、フォークリフトで荷物を運ぶ仕事をしていました。4月には「体調が悪い」と派遣会社に退職を申し出ており、有給休暇を消化して5月中旬に退職しています。

今年の春には銃が完成していたことが分かっていますが、山上徹也容疑者は体調が悪かったのではなく、銃が完成したために仕事を辞めたと考えられますよね。銃が完成するまではお金も必要だった。しかし、銃が完成したことにより仕事をする必要がなくなり、計画を実行するだけとなったという事でしょう。