スポンサーリンク

藤原大輔「香川大学出身」家族(子ども)「いつか父のような医師に」インスタ/Facebookも特定

ニュース・事件
スポンサーリンク

岡山市内の中学校で健康診断中にペン型カメラで盗撮し、医師の藤原大輔容疑者が逮捕されました。藤原大輔容疑者の出身大学や経歴が判明しており、家族(妻と子ども)についても情報が出ています。さらに、フェイスブックやInstagramもありました。

スポンサーリンク

藤原大輔医師「香川大学出身」経歴判明!

医師の藤原大輔容疑者は、岡山市南区の「ふじわら内科・小児科クリニック」を2011年に開業しています。現在、ふじわら内科・小児科クリニックのホームページは削除されていますが、ホームページには藤原大輔容疑者の出身大学と経歴が記載されていました。

スポンサーリンク

私は医学部を卒業後、消化器内科の専門医としての研鑚を積んでまいりました。
特にこの地域の基幹病院である岡山赤十字病院において約10年間勤務させていただくなかで専門的診断学や高度な治療技術を学ぶことができました。
そうした専門医としての診療を行ううちにもっと深く地域に入り込み、患者様の近くに寄り添い『疾患を診る』よりも『人を見つめる』医師になりたいという思いが強くなり、開院を決意いたしました。

当院の理念は『~地域に必要とされる医療の実現を目指して~』です。
地域の皆様の声に耳を傾け、その声に応えていくために精一杯の努力をつくし、良質の医療を提供することによって地域に貢献していきます。

藤原大輔容疑者は「人を見つめる」医師になりたいという思いが強くなったと書かれており、”疾患よりも人”という患者さんに寄り添った素敵な言葉ですよね。しかし、藤原大輔容疑者が盗撮で逮捕された今、この「人を見つめる」は別の意味だったのではないかと誰もが考えてしまいます。

スポンサーリンク
  • 1999年3月→香川大学医学部 卒業
  • 1999年4月~2000年3月→香川大学附属病院 放射線科 勤務
  • 2000年4月~2000年5月→岡山大学病院 第2内科 勤務
  • 2000年6月~2001年5月→十全総合病院 内科 勤務
  • 2001年6月~2011年3月→岡山赤十字病院 消化器内科 勤務
  • ふじわら内科クリニック 開院
  • 医療法人優しいまなざしを開設し理事長となる
スポンサーリンク

こちらが藤原大輔容疑者の経歴で、「香川大学医学部」出身であることが分かります。様々な場所で経験を積み、自分の病院を開院。医療法人「優しいまなざし」という名前もまた引っかかるポイントですよね。この”まなざし”はどこに向けられていたのでしょうか。

Googleの口コミから、ふじわら内科・小児科クリニックの評判は非常に良かったことが分かりました。「地域に必要とされる医療」を目指していた藤原大輔容疑者。新しい患者さんが増えるということは、”そういう対象”が増える確率も上がるということだと考えてしまいますが、藤原大輔容疑者が目指していた医療は一体何だったのでしょうか。

スポンサーリンク

藤原大輔の家族(子ども)「いつか父のような医師に」妻は事務員

藤原大輔容疑者には、家族がいることが分かりました。ネットの情報によると、妻と子どもがいたようです。

仕事でお会いした事ありますが、真面目で熱心な先生という感じで、今回の件は本当にびっくりしてます。
奥様も事務方で働かれていらっしゃったので、奥様が気の毒で…

ペンはいっぱいあったと思います。
学校でもやるくらいなので
自分のテリトリーの病院でも
やってるのかな?と不安になりますよね。
しかも、この方の病院で
奥さんも働いてましたし
お子さんもおられるようで
御家族が心配です

スポンサーリンク

藤原大輔容疑者は嫁と子どもという大事な家族がいながら、罪を犯しました。ずっと見つからないとでも思っていたのでしょうか。「人を見つめる」医師になりたいと言いながら、自分が犯罪をすることによって家族が傷つくということは考えられなかったのでしょうか。

結局「人を見つめる」というのは、自分の欲を満たすことばかりで”そういう意味”と捉えられても仕方がありません。藤原大輔容疑者が逮捕され、家族は非常に悲しくて辛い思いをしているはず。旦那を信じて、旦那が作ったクリニックを一緒に守るために、嫁は事務員として働いてきました。

子どもは「いつか父親のように地域から愛される医師になる」と、医者を目指すようになっていたかもしれません。藤原大輔容疑者は被害者の女性だけでなく、同じように家族も傷つけたのです。

スポンサーリンク

藤原大輔医師インスタ/Facebookも特定

藤原大輔容疑者が開業した「ふじわら内科・小児科クリニック」のホームページは現在削除されていますが、インスタグラムとフェイスブックのアカウントは残っていました。

Facebookアカウント画像
Instagramアカウント

インスタグラムを見てみると、小児科の規模が拡大されたばかりだったことが分かりました。他の医師や看護師もたくさんいたようですが、藤原大輔容疑者が逮捕されたことにより、大変迷惑をかけていますよね。そして、多くの患者さんにも不安や心配をかけているはずです。

スポンサーリンク

藤原大輔容疑者、京都市内でも盗撮

京都府警は4日、岡山市内にある中学校の保健室で健康診断中に女子生徒の下着姿を盗撮したとして、岡山県迷惑行為防止条例違反の疑いで、岡山市北区、医師藤原大輔容疑者(47)を逮捕した。

 府警は今年5月21日、京都市内でモバイルバッテリー型カメラを使い成人女性を盗撮した疑いがあるとして、藤原容疑者を任意で取り調べていた。所持していたペン型カメラを解析すると、小中学生ら約40人を撮影した動画が入っていた。

(共同通信より)

岡山市内の中学校では、女子生徒をペン型カメラで盗撮。ペン型カメラからは、約40人分の映像が見つかっています。藤原大輔容疑者が岡山市教育委員会の委嘱を受けて、小中学校で健康診断を担当するようになったのは10年ほど前。藤原大輔容疑者は、10年前から盗撮していたのでしょうか。京都市での盗撮の疑いがなければ、未だにペン型カメラで盗撮していたかもしれないと思うと、非常に恐ろしいですよね。