スポンサーリンク

“岐阜協立大学野球部”死亡した選手コーチ名前流出中「水分補給なしの罰走命じた」

ニュース・事件
スポンサーリンク

岐阜県大垣市の岐阜協立大学野球部で、部員がランニング中に倒れて意識を失い、翌日死亡していた問題。死亡した選手についてや罰走を命じたコーチの名前が流出しています。コーチがどのように指示していたのか、情報がTwitterに書かれていたのでまとめていきます。

スポンサーリンク

“岐阜協立大学野球部”死亡した選手「1年生からリーグ戦に出場」

岐阜協立大学野球部の部員が、ランニング中に倒れて意識を失い翌日死亡しました。岐阜協立大学敷地内にあるグラウンドで、用具が片づいていなかった点を問題視したコーチが3、4年生の野球部員らにランニングを命じ、1時間近く走ったところで男子部員が転倒しました。

コーチについては後ほど記載しますが、用具が片付いていなかった為ランニングを命ずる。いわゆる罰走。死亡した選手は当時、口から泡を吹き、鼻血が出て、目の焦点が合っていなかったようです。倒れた時点で非常に危険な状態であったことが分かります。

スポンサーリンク

死亡した選手について、岐阜協立大学野球部の友人から話を聞いたという人がTwitterに情報を投稿していました。

亡くなった選手は死亡後の検査でコロナ陽性だったことが判明しています。しかし死亡当時はリーグ戦の終盤であり、主力として出ていた選手であった為、練習を休むという選択をするのは難しかったと思います。

自分はすべて協立大学野球部の友人から聞いた話なので正しいとは限りませんが、とても、信憑性の高い所から情報を頂いてます。現在は第三者委員会が調査をしているとの事です。一刻も早く真相が明らかになり今後の再発防止に努めて貰いたいです。

協立大学の亡くなった選手は1年生の頃からリーグ戦に出場し活躍していた選手です。
今期のリーグ戦も最後までホームラン王争いに残っていました。これから先の成長次第では社会人やプロでも活躍出来る可能性があったと思います。それだけにとても悔しい思いがあります。

スポンサーリンク

死亡した選手は1年生からリーグ戦に出場し、活躍していた選手であることが分かりました。さらに、ホームラン王争いに残るような選手。未来も期待されていた選手だったのです。そんな主力の選手が体調があまり良くないと思っていても、リーグ戦終盤という状況で「練習を休むわけにはいかない」と思ってしまっていたのです。

報道されてませんし、何が正しいか自分でも分かりません。 死因として過度なランニングによる熱中症、コロナ陽性、血栓が出来ていた等、様々な報告を受けていますがどれも事実なようです。様々な症状が重なり死に至ったと自分は結論付けています。

スポンサーリンク

先程もふれたように死亡選手が倒れた当時、口から泡を吹き、鼻血が出て、目の焦点が合っていませんでした。部員やトレーナーが救急車を呼ぶよう言いましたが、臼井洋介監督は市内の病院に連絡するよう指示し、車で病院へ運んでいます。

臼井洋介監督は「救急車を呼んだ方が良い」と言われていたのにも関わらず、自分たちが運ぶという選択をしたのは何故だったのでしょうか。さらに、病院へ運んだのは死亡した野球部員が倒れてから30分以上も経ってからです。救急車を呼ばなかったのは「何か隠したいことがあったから」と、ネットで言われています。

臼井洋介監督は「熱中症だと思った。車で運んだ方が早いと判断した」と言っていますが、倒れた時の状況を考えれば、救急車を呼んだ方が良いというのは誰もが容易に分かることです。さらに、30分も経ってからというのが非常に気になる点ですよね。

スポンサーリンク

“岐阜協立大学野球部”コーチ名前流出中「水分補給なしの罰走命じた」

ランニングを指示したのはコーチであると報じられていますが、コーチの名前がTwitterに流出しています。

お隣の大学の野球部でランニング中に倒れた選手が亡くなったニュースが公になりました。亡くなった日には僕の大学にも連絡が来てました。亡くなった選手はリーグ戦でも活躍していた選手です。 元中日の友永翔太コーチが選手に罰走を命じ、1時間半以上もの時間を水分補給無しで走っていたそうです。

友永コーチが罰走を命じた理由としてグラウンドにボールが落ちていたことが理由であると聞いています。

スポンサーリンク

岐阜協立大学野球部の臼井洋介監督と、コーチの顔画像は下記の通りです。

出典:岐阜協立大学 硬式野球部

ランニングを指示したコーチは”元中日の友永翔太コーチ”と言われていますが、あくまでも岐阜協立大学野球部の友人から聞いたという情報なので、確実な情報とは言えません。ただ、罰走を命じ、通常20~30分のランニングを1時間も走らせたと言われていますが「水分補給をするな」とは言っていないようです。

水分補給をしなかっただけで水分補給をするなという指示があったとは聞いていません。
勘違いをしないように御願いします。

スポンサーリンク

罰走を命じたコーチの名前は不確かな情報ではありながら、現在、友永翔太コーチのツイッターは非公開になっています。

友永翔太 で検索をかけても鍵アカにしたらしい。彼が何をしたのかは書かないけど、一番を与えた落が悪いだけは絶対。

友永翔太コーチではなかったとしても、今回の岐阜協立大学野球部員が倒れて死亡した問題から、友永翔太コーチは自分のTwitterに誹謗中傷が来ることを恐れたのでしょうか。確実な情報ではないため、こちらの情報がデマであれば名誉毀損で訴えられてもおかしくありません。確実とは言えない情報を流すのは辞めましょう。

スポンサーリンク

岐阜協立大学野球部員が死亡 臼井洋介監督ら救急車呼ばず

岐阜協立大(岐阜県大垣市)硬式野球部で今月十四日、ランニングを命じられた四年生の男子部員(22)が倒れて意識を失い、翌十五日になって死亡していたことが、大学などへの取材で分かった。当時、監督らは救急車を要請せず、男子部員が倒れて三十分以上が経過した後に、車で病院に運んでいたという。大学は第三者委員会を設置し、当時の対応や経緯を調べる。

(中日新聞Webより)

許されることではないと思いますし、このまま黙っていれば隠蔽されるのは間違いないです。
協立の選手もこのままでは隠蔽されてしまうと感じている選手も多くいるようだったので

監督の名前や、死亡した野球部員が倒れた時の状況は報じられていますが、コーチの名前までは明かされておりません。「このままでは隠蔽されてしまう」と感じている選手も多くいるようで、少しでも早く真実が明らかになって欲しい。