スポンサーリンク

西岡竜司の妻Twitterに冤罪主張か「長男は父ちゃんっ子」Facebookに「毎日うつ伏せトレーニング」画像

ニュース・事件
スポンサーリンク

旅行先のホテルで、冷凍庫に生後2か月の次男を入れるなどの暴行容疑で逮捕された西岡竜司(にしおかたつじ)容疑者。西岡たつじ容疑者の嫁や長男について記載していきます。さらに虐待画像がフェイスブックに投稿されていました。

スポンサーリンク

西岡竜司の妻Twitterに冤罪主張か「長男は父ちゃんっ子」

西岡竜司容疑者について調べていると、ツイッターで「この事件は冤罪だ」というツイートを見つけました。

虐待は本当に心の痛い問題ですが、このケースは冤罪です。もっと調べて下さい。骨折は遊んでいた2歳長男君が次男君のお腹に乗ったことが原因と考えます。長男君に確認を。長男君はものすごく父ちゃん子です。マスコミが煽って親子を引き離すようなことはして欲しくない。

うつ伏せさせたのは首据わり期だったためで頑張って首を持ち上げる姿を西岡氏が撮影していますが、次男君が泣いちゃっているので奥様が後ろからストップの声がけをしたものです。
奥様の声をよく聞いて下さい。

冷凍庫に入れて写真を撮った事実について、度の過ぎた悪ふざけを父親は猛省するべきですが、虐待の冤罪が覆しにくい現状にもスポットを当てて頂きたい。
この家族に未来はあると思います。

このTwitterアカウントは2022年1月に作られており、西岡竜司容疑者の事件のことのみツイートされています。冤罪を主張するために作られたアカウントなのでしょう。西岡竜司容疑者の知人と思われる人が書かれたものとも考えられますが、1番家庭内を知っているのは奥さんです。

本当に、長男は”父ちゃんっ子”なのかもしれません。子どもと父親を離したくない…そのために、様々なところで西岡竜司容疑者の妻が動いているとも考えられますよね。しかし、冷凍庫に閉じ込める行為は”度の過ぎた悪ふざけ”では済まされません。

どれほど可愛くていたずらしたくなったとしても、明らかに虐待行為であることは考えなくても分かります。このまま西岡竜司容疑者が逮捕されることがなかったら、さらにエスカレートしていた可能性も十分考えられます。その前に、子どもと離すことが出来て良かったのです。

スポンサーリンク

西岡竜司Facebookに「毎日うつ伏せトレーニング」画像

西岡竜司容疑者は、次男を約4分間テーブルの上にうつ伏せにさせていたと報じられておりますが、西岡竜司容疑者のフェイスブックにはこんな写真が投稿されていました。

さらに、下記の投稿のコメント欄で西岡竜司容疑者は「毎日うつ伏せでトレーニングさせてるんやけど、日に日に首を上げてる時間が長くなっていくねん(笑)」と書いています。

写真のような状態で、毎日テーブルの上でうつ伏せにさせてトレーニングさせていたのでしょう。生後1ヶ月から4分間も首が座るようにトレーニング。成長スピードはそれぞれですが、まだ生後1か月の赤ちゃんに4分もの間、うつ伏せの状態にさせて放置することは危険ですよね。

その上、泣いているのに続けるのは、うつ伏せの練習とは言えません。それほど早く、西岡竜司容疑者は次男に首が座ってほしかったのでしょうか。「うちの子成長早いでしょう!」と、フェイスブックで自慢したかったのでしょう。

スポンサーリンク

西岡竜司(にしおかたつじ)容疑者と嫁の写真

Facebookで、西岡竜司容疑者の数々の投稿に嫁が非常に多くコメントをしていました。西岡竜司容疑者は嫁との写真を投稿し、「仲良し夫婦」と書いておりましたが、コメントのやり取りを見ていても仲が良いのが伝わってきます。

家族の仲の良さは様々な写真から見受けられましたが、どれほど子どもを愛していても愛し方を間違えてはいけません。冷凍庫に入れるなどの行為はいたずらレベルではなく、虐待であることなど誰もが分かることです。