ポッキーの日は海外にある?海外の反応は?名前の由来いつからある?

ニュース

11月11日は「ポッキー&プリッツの日」ですね。

この記念日の日に、ポッキーとプリッツをたくさん買って、友達とポッキーパーティーをしてみたり・・・なんて経験がある方もいると思います。

この日にちなんだイベントを、やっている所もありますよね。

今は、ほとんどの方が知っている記念日ですが、いつから「ポッキーの日」というのは出来たのでしょうか?
名前の由来も気になります。

この記念日のことを、海外の方はどう思っているのでしょうか?
海外にはあるのでしょうか?

今回は、そのことについて紹介していきます。

ポッキーの日の名前の由来は?いつからある?

11月11日は「ポッキー&プリッツの日」という”記念日”として、知られています。

理由

どうして、11月11日は「ポッキー&プリッツの日」になったのでしょうか。

江崎グリコと言えば、ポッキーとプリッツ!というぐらい、代表的なお菓子ですよね。


出典:【公式】江崎グリコ

そんなお菓子の形が、数字の「1」に似ていることが理由で、「1」が4つ並ぶ11月11日は、江崎グリコが「ポッキー&プリッツの日」にしたそうです。
日本記念日協会(加瀬清志代表)の認定も受けています。

「秋の行楽シーズンに、ポッキーとプリッツを楽しく食べてほしい。」
そんな願いも込められているそうです。

いつから

この記念日が始まったのは、平成11年11月11日からです。

「1」が6個も並んでいて、これ以上ないほどのぴったりな日ですよね♪

ポッキーの日は海外にある?海外の反応は?

そもそも、ポッキーって海外にあるのでしょうか?

海外にもポッキーがあります。

各国で味は少しずつ違うものの、韓国や中国などアジアを中心に、世界には約30か国以上もあるそうです。
チョコバナナやマンゴーなど、海外限定の味のポッキーもあります。

そして、「ポッキー&プリッツの日」ですが、海外にも広めようと、2018年に海外向けにキャンペーンに乗り出しました。

日本の記念日が、海外にも広まって認知されるってすごいことですよね!

しかも、海外の方も11月11日の「ポッキー&プリッツの日」を、楽しんでくれていそうですね。

イベント

「ポッキー&プリッツの日」は、各企業でイベントが行われていますよね。

例えば、ローソン


出典:ローソンさんTwitter

ポッキーチョコと対象のポッキーやプリッツの商品を一緒に買うと、Pontaカードかdカードを出すと、通常のポイントにプラスで、”ボーナスポイント50pt”がもらえるようです。

ウェルシアでも、

などなど、色々なイベントもあるので、それもまた楽しめる1つの要素ですね♪

最後に

「ポッキー&プリッツの日」は、お菓子をたくさん買ってパーティーをしたことが、私も今までもたくさんあるぐらい、とても浸透した記念日ですよね。

令和1年11月11日は、「1」が5つ並んでいて、20周年も迎えるそうです。
とてもめでたい1日なですね♪

コメント