原孝義の自宅は”桂ハウス”で特定!「神経質だった」数年間被害女性に嫌がらせ”杉並区事件”

ニュース・事件

東京都杉並区荻窪のアパートで女性を刃物で刺し、原孝義(はらたかよし)容疑者が逮捕されました。事件現場となった原たかよし容疑者の自宅を特定しました。原孝義容疑者は嫌がらせを受けていたことが動機と言っていますが、実際はどうだったのでしょうか。下に続きます…

原孝義の自宅は”桂ハウス”で特定!

報じられている事件現場となった原孝義容疑者の自宅は、こちらです。

こちらの画像から、原孝義容疑者の自宅は下記のように”東京都杉並区荻窪4丁目27-15”「桂ハウス」ということが分かりました。

出典:Googleマップ

原孝義容疑者も被害女性も、このアパートで一人暮らしをしていたのです。

原孝義「神経質だった」数年間被害女性に嫌がらせ

原孝義容疑者は被害女性に「2年前から嫌がらせを受けていた」と話していますが、嫌がらせを受けていたのは女性の方だったという情報があります。

近所の人によりますと、原容疑者が数年にわたり女性に嫌がらせをしていたという話もあり、警視庁が詳しい経緯を調べています。

(日テレNEWS24より)

出典:爆サイ

嫌がらせって神経質な人しか気にならないのです

原孝義容疑者は、被害女性から本当に嫌がらせを受けていたのでしょうか。原孝義容疑者が神経質のため、生活音に過剰に反応していたということも十分考えられます。さらに近所の人の話では、原孝義容疑者が被害女性に数年にわたって嫌がらせをしていたという情報もありますが、音に敏感すぎる為に被害女性へ嫌がらせをしていたのでしょう。

被害女性は原孝義容疑者からの嫌がらせが始まると、その嫌がらせを辞めて欲しくて下から天井を叩いていたと考えられますよね。被害女性は嫌がらせを「辞めて」と訴えていたのです。

東京都杉並区荻窪で殺人未遂事件!原孝義容疑者逮捕!

東京・杉並区のアパートで79歳の男が下の階に住む70代の女性を包丁で刺し、殺害しようとしたとして逮捕されました。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは杉並区の原孝義容疑者(79)で、16日午前7時半前、2階建てアパートの真下の部屋に住む70代女性の右胸を包丁で2度刺し、殺害しようとした疑いがもたれています。

警視庁によりますと、原容疑者からの110番通報で事件が発覚し、女性は病院に運ばれましたが重傷です。取り調べに対し容疑を認めたうえで、「2年くらい前から女性が部屋の天井を棒のようなものでたたく嫌がらせを受けていた」「うっぷんがたまり、殺●つもりで刺した」と供述しているということです。

(TBS NEWSより)

福岡市天神の歩行者天国”暴走事故動画”「白セダン、クラクション鳴らされた」目撃情報

どんな理由があっても、人を殺害しようという考えになること自体おかしいですよね。「嫌がらせを受けていた」は、人を殺●理由になりません。嫌がらせ問題を解決するには、他に方法があったはずです。しかし先程もふれたように、嫌がらせをしていたのは原孝義容疑者の方という情報もある為、引き続き調査して追記していきます(続く…)