林田覚Facebook顔画像「会社は林田電気管理事務所」家族と大きな家に住んでいたか

ニュース・事件

岡山県総社市で、林田覚(はやしださとし)容疑者が幼稚園児と母親合わせて4人をはねた事故。フェイスブックや顔写真、会社や家族について調査しました。下に続きます…

林田覚(はやしださとし)Facebook顔画像

  • 名前→林田覚(はやしださとし)
  • 年齢→64歳
  • 職業→会社役員
  • 住所→岡山県新見市
  • 事故現場→岡山県総社市の国道
  • 逮捕容疑→過失運転傷害の疑い

上記は、林田覚(はやしださとし)容疑者の現在出ている情報です。林田覚容疑者のフェイスブックを調査しました。

同姓同名のアカウントが5件ヒットしました。3件は上記のように名前だけで、他の情報は一切更新されていません。捨て垢のようなFacebookアカウントでした。他の2つは林田覚容疑者と情報が一致しない為、別の林田覚さんということになります。

林田覚容疑者は、現在64歳。フェイスブックのアカウントを持っていたとしても、上記の捨て垢のように更新していないでしょう。その為、何も更新されていない3つのFacebookアカウントの内の1つである可能性があります。

林田覚容疑者の顔写真は公開されておりませんが(※顔画像が公開され次第、掲載します)、林田覚容疑者はもうすぐ高齢者と呼ばれる年齢になります。高齢者の事故と聞くと、池袋暴走事故の飯塚幸三氏が思い浮かぶ人も多いでしょう。

林田覚容疑者は、居眠りが原因で事故を起こしました。事故を起こすほどの眠気があったのなら、運転することを辞めなくてはいけません。「仕事だから」という理由があっても、だとしたら居眠り運転をしないように睡眠を取らなくてはいけない。

何故、居眠り運転をするほどの睡眠が取れていなかったのか。林田覚容疑者は会社役員。後ほど記載しますが、林田覚容疑者の会社は林田覚容疑者1人です。仕事を任せる人が他におらず、全て自分1人でやっていた為、睡眠不足だったのでしょうか。

※追記
顔画像が公開されました。

林田覚容疑者の会社は「林田電気管理事務所」

”林田覚”という名前と住所の”岡山県新見市”で検索すると、事業者検索が出来るサイトで下記のように出てきました。

名前と住所が一致しますよね。林田覚容疑者は会社役員と報じられておりましたが、代表者が林田覚容疑者になっているので、その点でも一致しています。このことから、林田覚容疑者の会社は「林田電気管理事務所」である可能性が非常に高いです。

林田覚容疑者の会社の住所を調べてみました。

出典:Googleマップ

後ろにあるのが自宅で、前のプレハブが会社なのでしょう。プレハブが会社という所を見ても、林田電気管理事務所の従業員は林田覚容疑者1人だけなのがよく分かります。林田覚容疑者の会社の周りには店が建っておらず、山中にポツンとありました。

林田さとしは家族と大きな家に住んでいたか

先程もふれたように、林田さとし容疑者の自宅と思われる画像がこちら。

非常に大きな家ですが、この家に1人で住んでいるようには見えません。Googleマップでは洗濯物が干されていましたが、1人の量ではありませんでした。年齢的にも子どもだけでなく、孫がいてもおかしくありませんよね。

子どもは自立して家を離れていても、妻や親と一緒に住んでいたと考えられます。これほど大きな事故を起こし、残された家族は加害者家族として生きて行かなければならないのです。

岡山県総社市”事故”林田覚「居眠りしていた」

4日午前8時半すぎ総社市の国道180号線で、幼稚園に通う3歳と4歳の女の子と、それぞれの母親2人の合わせて4人が横断歩道を渡っていた際に、走ってきた乗用車にはねられました。

いずれも病院に搬送され、このうち4歳の女の子と、3歳の女の子の母親(46)が意識不明の重体になっています。

また、4歳の女の子の母親(42)が腰の骨を折る大けがをしたほか、3歳の女の子が顔などに軽いけがをしました。

この事故で警察は、乗用車を運転していた岡山県新見市の会社役員、林田覚容疑者(64)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

捜査関係者によりますと、調べに対し容疑を認め、「居眠りをしていた。車が当たってから気が付いた」と供述していることが分かりました。

(NHKニュースより)

服部恭太インスタ「ワンピースが好き」犯行前に危険なストーリーをあげていた”京王線刺傷事件”

事故の目撃者が林田覚容疑者に「歩行者信号が青になっていた」と言うと、林田覚容疑者は「あ、そうなん」といった形で答えています。事故を起こしておいて、非常に他人事のような答え方ですよね。居眠りをするほどの状態で運転をしてはいけない。当たり前のことです。追記していきます(続く…)