服部恭太インスタ「ワンピースが好き」犯行前に危険なストーリーをあげていた”京王線刺傷事件”

ニュース・事件

京王線で起きた乗客刺傷事件。服部恭太(はっとりきょうた)容疑者のInstagramを調査すると、危険なストーリーをあげていたことが判明しました。下に続きます…

服部恭太の家族「父親は売れない役者」悲惨な生い立ち施設育ちはデマ「母親と仲良しだった」
京王線で起きた乗客刺傷事件。服部恭太(はっとりきょうた)容疑者の家族についての情報がありました。さらに、生い立ちについても記載していきます。下に続きます…服部恭太容疑者の家族...

服部恭太(はっとりきょうた)インスタ「ワンピースが好き」

服部恭太容疑者のInstagramを調査しました。服部恭太容疑者は過去に、福岡県福岡市のマンガ喫茶で働いていたことが分かっています。「服部恭太」という名前のアカウントがありましたが、こちらのプロフィール画像はアニメになっています。

マンガ喫茶で働いていることもあり、服部恭太容疑者はアニメが好きなはず。名前が一致し、プロフィール画像がアニメという点では服部恭太容疑者の可能性も考えられますが、確証がない為モザイクにて掲載しております。

こちらの「はっとりきょうた」のインスタグラムのアカウントのプロフィール画像は、ワンピースのキャラクターになっています。服部恭太容疑者は、文春オンラインにより「漫画『ワンピース』が好きなようで、LINEのアイコンもワンピースのキャラが多かった」ということが分かっています。

LINEのアイコンもワンピースのキャラクターにするほど、ワンピースが好きな服部恭太容疑者。Instagramのプロフィール画像も、ワンピースにしていてもおかしくありませんよね。その為、こちらのインスタである可能性もありますが、こちらも確証がない為モザイクにて掲載させて頂きます。

どちらのInstagramアカウントもフォロワーが非常に少ないため、服部恭太容疑者ではないでしょう。それは何故か。事件の前、服部恭太容疑者はインスタのストーリーで”親しい人向けに設定”して投稿していたのです。フォロワーが2人や3人であれば、わざわざ親しい人向けに設定する必要はありませんよね。

服部恭太Instagram「犯行前に危険なストーリーをあげていた」

服部恭太容疑者のインスタグラムを調査していると、非常に気になるTwitterを見つけました。

ハロウィンでジョーカーのコスプレを
して大量◯人を計画していた方の
ストーリーが、しかも親しい人向けに
投稿したものがDMで昨日の犯行前に
送られてきておりましたが、本当に
危険でしたので投稿しませんでした。
注意喚起できたはずなのに悔しいです。
長文失礼いたしました。

法律関係を扱う仕事上、これが仮に
デマで事件が起きずに済むのが一番
でしたが、威力業務妨害などに
当たるため、かなり悩みました。

服部恭太容疑者が事件を起こす前、インスタのストーリーで危険な投稿をしていたという情報がありました。様々なストーリーをTwitterに投稿しているアカウントですが、「本当に危険だったので投稿しなかった」という部分を見ると、相当危険な投稿をしていたことが分かります。

「これが仮にデマで事件が起きずに済むのが一番」「威力業務妨害」と書かれているので、インスタグラムのストーリーで事件の予告でもしていたのでしょうか。あまりにも危険な内容だったため、親しい人も見過ごすことが出来なかったのです。

”京王線刺傷事件”服部恭太容疑者「たくさん●すなら東京」

服部容疑者は調べに対し「大量●人をしようと思っていた」と供述していますが、その後の捜査関係者への取材で、「人をたくさん殺●のには東京がいいと思った」と供述していることがわかりました。

服部容疑者は9月末に福岡県から上京してきたとみられ、犯行前には渋谷でハロウイーンの様子をしばらく見た後に、電車に乗り込んで犯行に及んでいて、警視庁は計画的な犯行とみて調べています。

(日テレNEWS24より)

服部恭太(京王線事件の犯人)マスクなし顔画像/動画ネットに流出!「複雑な家庭環境だった」

わざわざ事件を起こすために東京へ上京し、服部恭太容疑者はホテルで生活していたのです。事件を起こした理由も「死刑になりたかった」という、あまりにも身勝手すぎるものでした。信じ難い動機です。追記していきます(続く…)