小森和美生い立ちから毒親判明「章平は私(鷲野花夏さん)のことが好き」犯行の引き金に

ニュース・事件

女子高校生の鷲野花夏(わしのかな)さんが行方不明になり、遺体で見つかった事件。逮捕されたのは、小森和美(こもりいずみ)容疑者と小森章平(こもりしょうへい)容疑者。小森いずみ容疑者の壮絶な生い立ち、鷲野花夏さん殺害の引き金となった”一言”が判明しました。さらにツイッターも特定されており、本音をさらけ出しています。下に続きます…

小森和美生い立ちから毒親判明

女子高校生の鷲野花夏(わしのかな)さんが行方不明になり、遺体で見つかった事件で逮捕された小森和美容疑者について、様々な情報が分かってきました。小森和美容疑者は群馬県渋川市で生まれ育っています。家族構成は、父母弟の4人家族で2階建ての一軒家に住んでいました。

小森和美容疑者 中学卒アル画像

高校時代は「変わり者」というイメージを持たれ、いじられキャラだった小森和美容疑者。音楽系の部活に所属しており「いつもおちゃらけている女芸人という感じ」と、高校時代の同級生は話します。今回の事件は嫉妬によるものだと言われていますが、学生時代は男っ気がなく、男子生徒からは苗字を呼び捨てで呼ばれていました。

ただ、気になる情報がありました。それは、高校時代の奇行。休み時間に、仲の良い女子生徒と静かに話をしていたと思ったら、急に「わー!」と叫びだしたことがあったのです。小森和美容疑者は、自分の感情を抑えることが出来ない時があるのでしょう。鷲野花夏さんに対して「許せない」という感情を止めることが出来なかったのです。

小森和美容疑者が小森章平容疑者と結婚したのは、今年の5月。小森和美容疑者は離婚歴があり、元夫との間には3人の子どもがいることが分かっています。元夫からはDVを受けており、その時支えになってくれたのが小森章平容疑者だったというわけです。

小森和美容疑者と小森章平容疑者夫妻は近所での評判は良くなく、特に小森和美容疑者は「不愛想」「不気味」だと思われていました。高校時代の奇行が思い出されますが、小森和美容疑者がアルバイトをしていたコンビニでの名前が「ゆでたまご」だったというのは、やはり変わり者だと思われるポイントなのです。

「和美容疑者のご家庭は近所づきあいを一切なさらなかったんですよね。ここら辺では昔ながらの“隣組”があるんですが、和美容疑者の両親は『自分たちは入りません、近所付き合いもしたくない』といって、わざわざ当時の班長に申し入れをしたと聞いています。だから、あのおうちには、回覧板も回しませんでした。

いつも、部屋のカーテンが閉まっている家で。正直、和美容疑者の家族と街ですれ違ったとしても気づかないと思います。報道では、和美容疑者は前の旦那さんとの間にできた3人の子どもを、この家に住むご両親に預けていると言っていましたが、子どもが外で遊ぶ姿も見たことがありません。子どもの登下校などは和美容疑者の両親が車で送ってあげているようです」

(近隣住民より)

小森和美容疑者(中学)卒業アルバム写真

小森和美容疑者の親は完全に周りとの関わりを遮断しており、近所でも「関わってはいけない”変な家”」と思われていました。家からは1年中、怒鳴り声が近所に響き渡っていたという情報もあります。小森和美容疑者の家族仲が悪かったことが分かります。

小森和美容疑者が周りと上手く関わることが出来なかったのは、小森和美容疑者の親が周りとの関わりを遮断してきたから。人とどう接すればいいのか分からないのです。家族仲の悪さからも、小森和美容疑者は親から愛情を受けていたのか疑問が残りますよね。

小森和美容疑者は3人の子どもがいながら、両親に預けて完全に育児放棄。親から愛情を受けてこなかったため、自分の子どもへの愛情の注ぎ方が分からないのです。

克服したいことはもう少し人を疑う事をやめたい。信じてるのに、どうしても疑う私がいる。不安になるのを何とかしたい。

こちらは、小森和美容疑者の特定されているTwitter。「人を疑うことを辞めたい」「不安になる」十分な愛情を受けなかったために、人を信じることが難しかった。いつも不安でいっぱいだったのです。もっと周りとの関わりがあり、親の愛情を受けていれば何か変わっていたのかもしれません。

小森和美「章平は私(鷲野花夏さん)のことが好き」犯行の引き金に

「週刊文春」により、小森和美容疑者の凶行の引き金となった鷲野花夏さんの”一言”が明らかになりました。

鷲野花夏さん顔画像

小森和美容疑者と小森章平容疑者、鷲野花夏さんの3人で話し合いをしている中で小森和美容疑者と鷲野花夏さんが言い合いになりました。そして、鷲野花夏さんが「章平さんは私のことが好きなんですよ」と言ったのです。

小森和美容疑者は許せなかった。自分だけを愛してくれていないといけないはずの夫が、他の女のことが好きなんて。その上、 自信のない小森和美容疑者は、 鷲野花夏さんの自信に満ち溢れた言葉が耐えられなかったのでしょう。

小森和美Twitter「お前を愛していいのは私だけ」

…私以外の人間が愛してるを言葉にするなんて、そんなの堪えられんよ
また刺し●してやろうか、なぁ
お前を愛していいのは私だけだ

小森和美Twitter特定「8月に妊娠報告してる」妻も小森章平とSNSで知り合った

小森章平容疑者の浮気を疑い、ツイッターに本音をさらけ出していました。小森和美容疑者の「また刺し●してやろうか」の”また”が非常に恐ろしく、嫉妬心が存分に表れたツイート内容の数々です。追記していきます(続く…)