横浜いじめ教諭中尾武彦「親が教育委員会」児童支援教師の実名も特定!万騎が原小学校写真

ニュース・事件

文春オンラインで明らかになった、横浜市M小学校の4年生の担任だったN教諭の山本美咲さんに対するイジメ。M小学校は「万騎が原(まきがはら)小学校」N先生は「中尾武彦」と特定されています。さらに、児童支援の教師の名前も判明しています。画像を交えて記載していきます。下に続きます…

横浜いじめ教諭の実名は「中尾武彦」

文春オンラインで明らかになった、横浜市M小学校の4年生の担任だったN教諭の山本美咲さんに対するイジメ。N教諭の名前は「中尾武彦」であると、ネットで特定されていました。まず、下記はM小学校に通うお子さんの親御さんからの情報。

この小学校に子が現在通う保護者です。
説明会のときはびっくりしましたが、
帰宅後に子供に確認すると、
あまり知らないけど、やはりちょっと態度がおかしな教員だったそうです。
親として子を守るために、
常日頃から色々話をして、異変を早く察知できるようにならないといけないと心から思いました。

ちなみにこの方には過去に暴力事件での逮捕歴もあったと、
保護者会にて山本さんのお父様から伺っております。
逮捕歴がある方を、2ヶ月の停職のみで済ませてしまう横浜市教育委員会には疑問を感じます。

いじめをしていたN教諭は、過去に逮捕歴があったのです(後に詳しく記載)。文春オンラインも、現在は削除しているものの「9年前に逮捕の過去」と記載していました。N教諭の名前が特定されてしまうことから、逮捕歴があるという情報は削除したのでしょう。逮捕歴があるという情報は、保護者の情報と文春の情報で一致しています。

中尾武彦教諭であれば、2012年に電車の中で暴行事件を起こし、現行犯逮
捕されているようですね。

ちなみにその教師のイニシャルNでしたか?

中尾武彦ではないですか

ヤフーコメントでは、はっきり「中尾武彦」という名前があがっています。N教諭の”N”と一致。横浜いじめの教諭の名前が「中尾武彦」だと分かる、先程の事件を発見しました。

中尾武彦教員は9年前に暴行事件の前科持ち

神奈川県警旭署は21日、暴行の疑いで横浜市旭区の横浜市立戸部小学校教諭中尾武彦容疑者(36)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は21日午前0時ごろ、相鉄線横浜-二俣川駅間の電車内で、
前に座っていた大学4年の男性(26)の胸を蹴ったり、顔を殴ったりした疑い。

旭署によると、「酔っていて覚えていない」と供述している。

20日が勤務先の終業式で、同僚と酒を飲んだ帰りだった。男性が足を踏まれるなどして「やめてください」と注意すると暴力を振るい、近くにいた男性会社員(26)に取り押さえられた。

こちらの事件は2012年となっており、今から9年前で一致します。名前や横浜市という点でも一致。いじめをしていたN教員の年齢が40代男性というのも同じです。さらに、コメント欄では「こいつ現赴任先県内小学校で生徒をいじめて保護者説明会開かれてた。クズだよ。」と記載されています。

コメントされている日付は”6月12日”で文春が報じる前。そして、「両親が学校に対応を求めはじめて4カ月過ぎた6月12日、M小学校の体育館で緊急保護者説明会が開かれた」(文春オンラインより)とあり、いじめていた中尾武彦教員は前科持ちであることが分かりました。その上、暴行事件。生徒をいじめていてもおかしくない人間だったのです。

【動画】みきおだ(みっきー)未成年淫行はデマ!こはくぶちょー母親のインスタLINE画像大量流出!

【写真】横浜市いじめM小学校は「万騎が原小学校」

先程もふれた中尾武彦教諭の暴行事件では、横浜市立戸部小学校教諭と報じられています。9年前は横浜市立戸部小学校で勤務していたということ。そして、いじめが起きたM小学校は「万騎が原小学校」と、ネットで特定されています。

出典:Googleマップ

実際に、人事異動名簿で中尾武彦教諭の名前を調査してみると、令和2年4月1日付けで飯田北いちょう小学校から万騎が原小学校に異動していることが分かりました。

さらに、M小学校が万騎が原小学校である理由として「6年生を送る会が行われた3月17日、美咲さんは泣き出して学校へ行くことができなかった。」(文春オンラインより)から、万騎が原小学校のホームページを確認してみると、6年生を送る会の日付が一致しているのです。

登録日が3月19日で、「2日前に6年生を送る会を行った」と書かれています。3月19日の2日前は3月17日で、文春オンラインが報じた日付と一致することが分かります。そのため、M小学校は「万騎が原小学校」で間違いないでしょう。

横浜いじめ教諭中尾武彦「親が教育委員会」

中尾武彦教諭が過去に暴行事件で逮捕歴があることが分かりましたが、現在も教師を続けています。その上、担任まで持っています。

そして、今回生徒へのいじめが発覚しても”いじめ”や”虐待”と認めなかったり、異動は人事上不可能とし、担任は外すものの学校は新年度に中尾武彦教諭を外国語活動の担当と個別支援学級のサポート役に就けています。これほど中尾武彦教諭を守る理由は何なのか。

この教師って親が教育委員会とか役所の実力者ってパターンだろ
そうじゃないといくら人手不足でもクラス担任とか無理じゃね
本人よりも周辺から追い込んだ方が効きそう

暴行事件を起こし、事件が発覚すれば保護者が黙っているはずがありません。さらに今回のいじめが発覚し、保護者会も開かれているので、保護者もいじめがあったことを把握しています。しかし処分は非常に軽い。その理由は、中尾武彦教諭の親が教育委員会、または役所の実力者であるなどのためであると考えられます。

万騎が原小学校の児童支援教師の実名も特定!

中尾武彦教師のことを相談していた、万騎が原小学校の児童支援教師もいじめの加害者としてあがっています。

・配布物が渡されなかったことを相談すると、児童支援の教諭は「N先生に伝えておきます」と言った。N教諭にどのように伝わったのかは不明だが、数日後、N教諭は美咲さんに向かって「あなたは、もらったかもらっていないかも分からないのですか?」とクラスの皆の前で叱責。

・漢字テストの直しが提出されていないとして美咲さんだけ理科と社会のテストを受けることができず、この日以降、美咲さんはN教諭への恐怖心から教室に入ることもできなくなったが、母親が相談した時、児童支援の教諭は聞き入るばかりだった。

・提出したはずの漢字テストの直しを児童支援の教諭が探すことになり、何回か両親とやり取りしたが、説明には矛盾があった。母親が学校への連絡帳に、話の矛盾点なども書いて改めて説明を求めると、児童支援の教諭は一言も書くことなく、ただ印鑑を押しただけで返却して来た。

・N教諭のいじめが原因で美咲さんが保健室登校になっていたにも関わらず、学年末を理由に「N先生に感謝の手紙を一緒に書こう」と言い出した。

(文春オンラインより)

さらに「何が問題なのですか?」と、児童のケアに専念する児童支援専任の教諭とは思えぬ発言をしています。

児童支援教諭って、学校HPの学校通信に名前が出てるんだけど、これだろうかなあ

文春の記事に登場する児童支援教諭がかなりクソ

児童支援とか担当するのって女性のイメージだったけど
女性教諭で女児相手の案件でこんな他人事みたいな胸糞対応するのかと思ったらやはり男性教諭だった

匿名掲示板に書かれていた情報をもとに調査してみると、下記の通信に「児童支援専任」の名前が出ていました。

【動画】みきおだ(みっきー)未成年淫行はデマ!こはくぶちょー母親のインスタLINE画像大量流出!

児童のケアどころか、ますます山本美咲さんを追い詰めています。児童支援教諭はベテラン教師であることが分かっていますが、イジメと認識せず「何が問題なのか」と言う始末。M小学校である万騎が原小学校では、全ての先生がイジメをしていると思われてもおかしくない態度です。追記していきます(続く…)