前橋市富士見町小暮”殺人事件”犯人は同居男性説浮上!「母親は育児ノイローゼだった」

ニュース・事件

群馬県前橋市富士見町小暮で母親と小学生の兄弟が刺され、男の子2人が亡くなった事件。殺人事件、無理心中の可能性どちらも報道されています。殺人事件の場合、犯人は同居の男性説が浮上しています。下に続きます…

前橋市富士見町小暮”殺人事件”犯人は同居男性説浮上!

群馬県前橋市富士見町小暮で起きた、母親と男の子人が刺された事件。発見したのは同居する男性でした。同居の男性なので、子ども達の父親ではないことが分かります。同居の男性は30代。そして、同居しているくらいなので母親の夫はいないですよね。内縁の夫なのか、母親の交際中の男性であることは間違いないでしょう。

殺人事件や虐待のニュースがあると、内縁の夫やシングルマザーの彼氏というだけで世間には犯人ではないかと疑われがちです。実際、そのようなケースが多いため疑われやすくなってしまう。今回の前橋市富士見町小暮の殺人事件でも、同居の男性が「怪しい」という声があがっています。

出典:ガールズちゃんねる

同居男性は怪しいな

しかし、同居男性の可能性はないでしょう。息子2人の死亡が確認されましたが、母親も腹部に刺し傷があり負傷していますが生きています。母親が回復し、詳しい事情が分かれば犯人はバレてしまいます。

通報したのは同居男性。自ら捕まるようなことはしませんよね。小学生の2人は複数の刺し傷がありましたが、母親は複数とは言われていません。殺人であれば、母親も複数刺されているはずですが…。

「母親は育児ノイローゼだった」無理心中か

家はまだ建って1年程。まだまだ新しい家です。子ども達のこれから先のことを考えながら、一軒家を建てたのです。楽しみなことがたくさんあったはずですが、近所の人によると、母親は挨拶をするしっかりした人だったことも分かっています。

しかし、だからこそ息詰まってしまったしまったのでしょう。しっかりしすぎたゆえに、育児ノイローゼになってしまった。玄関などは施錠され、第三者が侵入した形跡もありませんでした。となると、やはり考えられるのは「無理心中」なのです。

前橋市富士見町小暮「殺人事件」「無理心中」

10日午後3時過ぎ、家に帰宅した同居男性から「母親と子ども2人が倒れている」と110番通報がありました。

事件現場は、前橋市富士見町小暮にある住宅で、この家に住む9歳と7歳の男の子のほか、母親とみられる女性1人が救急搬送され、その後、男の子2人の死亡が確認されました。

警察は、殺人事件として捜査し、けがをした女性が事情を知っているとみて調べを進めています。

(群馬テレビより)

10日午後3時すぎ、群馬・前橋市富士見町小暮の住宅で、母親とみられる30代の女性と、9歳と7歳のいずれも男の子が血を流して倒れているのを、同居人の男性が見つけた。

3人は病院に運ばれたが、男の子2人は死亡し、女性は重傷。

警察は、女性が心中を図ったとみて調べている

(FNNプライムオンラインより)

守屋径(こみち)さんインスタ/Facebook特定「子どもを必死に育てるシンママ」

殺人事件と無理心中のどちらも報じられています。追記していきます(続く…)