山田穣”会社員”は表用のダミー肩書き!事故後「何で出てきたん?」中学生に暴言!福岡

ニュース・事件

福岡県福岡市早良区で起きた、中学3年生の男の子がベンツにはねられ死亡した事故で、会社員の山田穣(じょう)容疑者が逮捕されました。山田じょう容疑者の仕事は”会社員”と言われていますが、実際はどうなのでしょうか。さらに、事故の目撃者から新たな情報も得ました。下に続きます…

山田穣(じょう)容疑者の顔画像

  • 名前→山田穣(やまだじょう)
  • 年齢→57歳
  • 職業→会社員
  • 住所→福岡県福岡市早良区祖原
  • 逮捕容疑→過失運転致死

制限速度のおよそ2倍の時速100km近くもスピードを出し、中学生の少年をひいて死なせた山田穣容疑者。上記の写真の山田穣容疑者は、いかにも…と言った風貌をしていますよね。メガネをしている山田穣容疑者は、57歳より年齢が上に見えます。

山田じょう”会社員”は表用のダミー肩書き!

「100キロ出すのは当たり前だ。あんたも100キロ出すだろ?
不運だったのはたまたまそこに子供が出てきたからであって、あんただってこの状況になったらどうしようもなかっただろうよ。」

っていう意思がありありと現れていて笑える。いや被害者にとっては笑い事じゃないんだけどさ。
イキリベンツにぞろ目ナンバーでハゲサングラスとか、これカタギなの?会社員は表用のダミー肩書だろ?

山田穣容疑者の仕事は”会社員”と報じられています。匿名掲示板やSNSで山田穣容疑者の仕事内容や会社を調査してみましたが、情報があがっておりませんでした。山田穣容疑者は日頃から迷惑運転が目立っており、周辺の住民からは事故を起こしたことを聞いて「やっぱりな」と答えられています。

クラクションを鳴らしているのを見ると「この家の方だな」と思われるほど、山田穣容疑者は地元で有名だったのです。そんな有名人の職業や会社がどこなのか、本当に会社員なのであれば周辺の住民が知らないはずがありません。

こんな事故を起こし、これまでもあおり運転をしてきていれば怖い思いをした人など、被害者は多いはずです。これほどの有名人ならば、匿名掲示板やSNSで暴露されてもおかしくありません。しかし、情報がない。ということは”会社員”は「表用のダミー肩書き」の可能性が出てきたのです。

「ベンツ」「ゾロ目ナンバー」「禿げ」「サングラス」という4点セットから、反社会的勢力の人だと考える人がネットで多いのです。いずれにしても「ベンツを乗りこなし、スピードを出している俺カッコイイ!」と思っているに違いないのです。

桜井野の花(渚りえ)結婚相手の顔画像「イケメン実力者」インスタで報告!子どもは施設か

山田穣、事故後「何で出てきたん?」中学生に暴言!目撃情報多数

事故を避けることの出来た中学生によると、加害者は自分が事故を起こして、瀕死の少年がそこに横たわっているのに、車から出て開口一番「なんで出てきたん?」と言ったそうです。怒

被害者と連れの子を見てました。轢いたハゲ被害者を全く見なかったですよね?私は救急車乗るまで立ち会いました。

事故に遭ってしまった中学生の少年と一緒にいたもう1人の少年によると、山田穣容疑者は事故後に車から降りるなり「なんで出てきたん?」と、少年に言い放ったのです。その場にひかれた少年もいたのに、自分が何をしたか全く分かっていない。少年を助けなければという気持ちよりも、自分の車の心配しかしていなかったのです。

城西で人身事故。
救急隊に心臓マッサージされてる。
はねたと見られる車はベンツ。
実はそのベンツに、先程煽り運転されてました

私も大濠1丁目の交差点過ぎた付近から、白いベンツに後ろから煽られました。反対車線に出て追い越され、そのあとも何台もの車を煽り、その先で交通事故…。事故現場を見て私も震えました。そしてはねられたのが中学生…。
もう悔しくて悔しくてたまりません。

加害者は事故現場の1キロ手前から数台を煽り,さらに反対車線から追い越しかけてその直後に事故を起こしました。
その数日前にもこの付近でバカみたいに飛ばしていた同車種が目撃されていて加害者に似た風貌だったと。

山田穣容疑者は事故前、あおり運転をし暴走していたのです。さらに、暴走していたのは事故当日だけではありません。これまでも同じように迷惑運転をしていました。山田穣容疑者の迷惑運転は、何度も目撃されています。

すみません、助かってないんです!中3の子です。神も仏もないものか、ひどすぎです。うちの子は犠牲者と一緒に出かけていて、一緒に道を渡ろうとして、一瞬の戸惑いで足を止めたけどお友達がそのまま渡ろうとしてはねられたそうです。

山田穣容疑者の車にひかれて亡くなった中学生の少年と一緒にいた少年の母親が、上記のようにTwitterにツイートしていました。目の前で友人がひかれてしまった息子の気持ちを考えると、母親も辛い。

そんな男の子に向かって「なんで出てきたん?」と言える、山田穣容疑者の神経が分かりませんよね。何よりも、人命救助が先です。自分のことばかりで人の命を考えられない山田穣容疑者に、車を運転する資格など一切ないのです。

時速100kmで中学生はね、山田穣容疑者逮捕!

過失運転致死の疑いで逮捕された、福岡市早良区の会社員・山田穣容疑者(57)。
山田容疑者は5月2日午後8時半ごろ、福岡市早良区城西の市道交差点で、自転車で道路を横断していた中学3年の少年を制限速度を超える車ではね、死亡させた疑いが持たれている。

事故を捉えた映像を見ると、自転車の2人に対し、画面右側から来た白い車が、スピードを落とさず直進しているのがわかる。
捜査関係者によると、山田容疑者は、制限速度のおよそ2倍、時速100km近いスピードを出していたという。

山田容疑者「(何kmぐらい出していた?)スピードメーターを見て走ってるわけではないので、50km~60kmだと。(事故は)一瞬なので。同じ立場だったら、どうしようもなかったと思いますよ」

山田容疑者は、「事故当時の記憶があいまいだ」などと、容疑を否認しているという。

(FNNプライムオンラインより)

桜井野の花(渚りえ)結婚相手の顔画像「イケメン実力者」インスタで報告!子どもは施設か

山田穣容疑者の「メーターを見て走っているわけではない」「事故は一瞬だから同じ立場ならどうしよもなかった」という発言は、非常に恐ろしい言葉です。被害者が亡くなっているというのに、自分は全く悪くないと思っていますよね。中学生を死なせておいて、こんな言葉が出てくるなど考えられません。追記していきます(続く…)