田家靖之(ゼニス)Facebook「絵に描いたようなDQN」梨名ちゃん写真「胸が痛い」

ニュース・事件

滋賀県守山市で起きた、田家靖之さんが運転するフォークリフトに姉妹が乗っており、6歳妹の田家梨名ちゃんがひかれて死亡したニュース。フェイスブックやInstagram、Twitterの画像を交えて記載していきます。下に続きます…

田家靖之さんのFacebook

田家靖之さんのフェイスブックを調べてみると、同姓同名のアカウントは1つも出てきませんでした。田家靖之さんは、42歳で「株式会社ゼニス」の代表者であることが分かっています。年齢を考えるとFacebookをやっていてもおかしくないですが、中古車販売会社の経営者。取り扱いのある車の年齢層に合わせて、InstagramやTwitterなどをやっている可能性があります。

設立年度は1996年10月。24年続く中古車販売会社。田家靖之さんが現在42歳ということは、父親から受け継いだ会社なのでしょう。父親の作ってきた会社、家族を守るために必死に経営してきたはずです。そんな「ゼニス」は、どんな会社だったのでしょうか。

田家靖之(ゼニス)さんFacebook「絵に描いたようなDQN」

地元民だけど絵に描いたようなアホなクルマ扱ってる店で笑ってしまった。
あ~ここね。納得って感じ

悪いけど
ウルトラDQNなんだろうな。
後先考える能力がないんだよね。
そんなんで、よくリフト動かしてたな。

上記のアカウントが、田家靖之さんが代表の「ゼニス」のFacebook。車の写真を見て「絵に描いたようなアホ」「ウルトラDQN」と言われていましたが、会社の口コミは高評価ばかりです。

車の評価だけでなく、店員の接客態度についても高評価。これは、代表者である田家靖之さんの指導が良いからですよね。田家靖之さんの人柄が、他の従業員にも良い影響を与えているはずです。そのため、絵に描いたようなDQNではないことがよく分かります。

佐藤龍我(美少年)堀越高校退学!鶴嶋乃愛”匂わせ”認め「クラスの座席から消された」

田家靖之(ゼニス)さんインスタ・Twitter

上記が「ゼニス」のインスタグラムです。Facebook同様に、最近まで車の紹介がされていました。「ゼニス」は、Instagramやフェイスブックがメインで投稿されています。インスタは若い人向け、Facebookは中高年向けなのでしょう。

上記のアカウントが「ゼニス」のツイッターです。ツイートは、2019年11月11日で止まっていますが、車の紹介がずらっとされています。

田家梨名ちゃん写真「胸が痛い」

子供の写真見てしもた
胸痛い

匿名掲示板(5ちゃんねる)で、「娘の写真を見た」という情報がありました。調査してみましたが、田家梨名ちゃんと思われる写真はなく、父親の田家靖之さんも逮捕されているわけではないので顔画像が公開されていません。

匿名掲示板で「これは虐待」と言われていましたが、自分のしてしまったことに田家靖之さん自身も非常に辛い思いをしているはずです。娘の命を奪おうなんてそんな気は全くなく、娘達の笑った顔を見るために遊ぶ方法を考えた末、フォークリフトに乗せたのです。田家靖之さんは、普段から梨名ちゃんたちを楽しませようとする父親だったに違いない。

田家靖之さん運転「フォークリフト」姉妹ひかれ梨名ちゃん死亡

4日午後3時15分ごろ、滋賀県守山市荒見町の中古車販売会社の駐車場で「フォークリフトに子ども2人が巻き込まれた」と、2人の父親で同社経営の田家靖之さん(42)=守山市二町町=が119番した。小学1年の梨名さん(6つ)が搬送先の病院で死亡し、小学5年の姉(10)が重傷。

守山署によると、子ども2人は荷物を載せるフォーク部分に乗っていた。靖之さんがフォークリフトを旋回させて遊んでいる間に振り落とされ、ひかれた。フォークの長さは2・5メートルで、幅が15センチ。2つのフォークを閉じた状態で2人を乗せていた。

販売会社は4日、休みだった。靖之さんも搬送されたが、けがはなかった。

引用元:中日新聞

佐藤龍我(美少年)堀越高校退学!鶴嶋乃愛”匂わせ”認め「クラスの座席から消された」

上記の写真が、田家靖之さんが運転していたフォークリフトです。10歳(小学5年生)の姉も、腕や足にけがをしています。父親である田家靖之さんは、こんな時期なので娘たちをどこにも連れて行ってあげられない。そのため、娘たちをどうにかして楽しませようとしていたはずです。しかしその思いが、取り返しのつかないことになってしまったのです。追記していきます(続く…)