飼い犬(パピヨン)蹴り殺した男「いつも同じ格好、イチャモンつける有名人」顔写真撮影

ニュース・事件

埼玉県川口市の河川敷でランニング中の47歳の男が、70代男性が飼っていた散歩中のパピヨンを蹴り殺し、逮捕されました。リードは付いていなかったとのことですが、他人の飼い犬を蹴った犯人は誰なのでしょうか。目撃情報をもとに記載していきます。下に続きます…

飼い犬(パピヨン)蹴り殺した男の名前・顔画像

・性別→男性
・年齢→47歳
・住所→埼玉県川口市
・逮捕容疑→動物愛護法違反の疑い

47歳男性のみで実名や顔写真は公開されていませんが、47歳でランニングをしている意識高い系の中年男性です。体力づくりなのか、体型維持のためなのか、どちらにしても体型はもちろん細身であることは容易に想像できますよね。

そして、犬を蹴るような男です。明らかにキツそうな顔つきであることは間違いない。目がつりあがっていたり、顔からにじみ出るいかにも弱い者イジメしそうな顔。

飼い犬(パピヨン)蹴り殺した男「顔写真ガッチリ撮影」

デジカメ板(PENTAX KP part 24)に通報者による目撃談あり
当日の書き込みなのでガチもん
マジキチ回避の為にもリードはつけよう

散歩しながら鳥の写真撮ってたら、
川の対岸で通りすがりの男が犬散歩中の爺さんの飼い犬を
いきなり蹴り上げるという事件が・・・。
タイヤを思いっきり蹴ったようなバスンという音がして犬はぐったり。
犯人はKPとPLMでガッチリ撮影。そしてすぐ駆け付けたら小さいパピヨンから大量の血。
噛んだり吠えたりしたわけでなく通り魔だったとのこと。
あれは死んじゃったかな(;ω;)・・・。生きててくれ・・・
目撃者も多かったし撮った写真は提出したから捕まったらいい。

犬死んじゃったT_T 即死だったらしい 絶許
警察に呼び出されたから行ってくる・・・
KPがお役に立ってよかった

犯人の男性はランニング中でパピヨンを蹴った後、立ち去っています。しかし目撃情報から犯人の男が浮上。ちょうど写真を撮っていた人が犯人の男をガッチリ撮影し、写真を警察に提出。そのおかげで犯人逮捕となっています。

事件が起きたのは、12日土曜日の午前11時55分ごろの河川敷。土曜日の昼間の河川敷ということもあり、今は寒い時期なので日が出ているうちに散歩をする人やランニングをする人も多かったでしょう。そのため目撃者が多く、男性逮捕へと繋がったわけです。

小澤廉DV「クズのフルコース」文春で判明!美人彼女の顔画像/LINE全て公開!

パピヨン蹴り殺した男「いつも同じ格好、イチャモンつける有名人」

記事の文面だけだと
まあノーリードガーになるかなと
実際はヨボヨボの老犬をヨチヨチ歩道から離れたとこで
歩かせてたところにおっさんがわざわざ走り込んできて
罵声浴びせながら犬の顔面に蹴り一発くれて
眼球破裂即死させたっていう。口論にもなってなかったよ。いきなりの攻撃
あすこは犬飼いのコミュニティみたくなってて別に誰も困ってないし、苦言も呈してなかったんよ。
犯人は自治会が花壇の整備してると
誰に断って花植えてるんだ! とか誰彼構わず
イチャモンつけてた、あのあたりでは有名人
イカレ正義マンの末路。

時系列と私自身が確実に見たこと
?川に背を向けて、マンションの駐車場の柵に留まっていたスズメを撮ってた
?背中のほうでなんかちょっとざわついた感じ。
(たぶん、犯人に注意されて飼い主がわかりましたって言った、ってTVでやってたってところ
口論という規模には至ってない印象。)
?タイヤを蹴ったようなバスンという音
?たぶん一番近くにいたと思われる、事件を目撃した女性が悲鳴を上げる
?私は現場に目をやった
?犯人の男が「リードしてねぇほうがわりいだろうが!」と罵声を上げて現場から走っていく
?犯人の罵声から犬がなんかされたというのを理解する
?現場急行するか犯人追っかけるか数秒考える
?川向かいにいたので犯人の追跡は断念、現場は数人ひとがいたのでそこは任せて、犯人の写真撮ることにする
?川の両岸をつなぐ小さな橋を渡って現場に行く(実はこの時点では「パピヨンで老犬」というのはわかってない)
?現場にはもう飼い主の姿なし。猛ダッシュで犬抱えて病院に行った模様
?地面に犬のわりには結構な出血。悲鳴を上げたと思しき女性がまだ近くにいたので、どうしたんですかと聞く
(他にもいた目撃者は解散してまって女性しかいなかった)
?女性から内容を聞く(ここで老犬パピヨンということと実際に起こったこと正しくがわかった)
?それだけのことがあったのに誰も通報していないということがわかった
?通報

他の目撃者から聞いただけで自分では見ていないこと。
・翌日、現場を訪れた際に、近隣住人から話を聞いた。というか聞かされた。
・犯人は花壇の件(他にもいろいろある口ぶり)などで、近隣住民から注目されてたということを、
 現場の川の遊歩道で複数人から聞いた。
同じ格好で決まった時間に現れるので住民はすぐわかったそう。
・歩道から離れていたところで蹴られた、というのは目撃者の女性がここで蹴られた、と警察に説明していたときの情報
(ノーリードだったというのを聞いたのは、通報後の聴取のとき)
・その情報は、実際に歩道から離れた草むらに血があったので正確と思われる。
・すれ違いざまに起こった事件ではなく、犬にリードつけてないということを注意して、飼い主がそれに応じた後に起こった。
・このときの飼い主の対応は不明だが、大声で論争しているという感じではなかった。目撃女性から聞いた情報もそういう感じ。
・直後、犬を蹴った。飼い主の対応でもう収まったと思った直後とのこと。
断じて犬が吠えた、噛んだではない。お爺さんの周りでお爺さんの見守りの範囲でヨボヨボ歩いていたとのこと(目撃女性の話)
・目撃女性は若い方でしっかりした方。おばちゃんみたく大げさに話を盛ってない印象。イメージだけだけど信用できる感じ。

・・というとこ。改めて書き起こしてみるとまあちょっと自分ひとりで全部見た感じに
書いてた。面目ない。あと、犬は一回しか蹴られていないと思う。軽く蹴ったのが一回あったかなかったか?
時系列の1〜9までは50秒しかかかってないので、複数回蹴ったのであれば、もっとやめろ〜!とか聞こえそう。
思いっきり振りぬいてたキックだったと思う。犬蹴った音じゃなかった。犬はキャンという声も上げられなかった。
実際聞いてない。これは大げさじゃない。
最初腹蹴られたと思ったけど顔に行ってた。警察で少しだけどなきがらは見た。

目撃情報によると、パピヨンは老犬でヨボヨボと飼い主の近くを歩いており、リードをしていなかったことから蹴り殺した男にパピヨンの飼い主は注意を受けた。飼い主との口論はなく、飼い主は注意を受けて「分かりました」と答えている。しかし、その後パピヨンを蹴った。

「犬がぶつかってきた」と、蹴り殺した男は容疑を否認していますが、パピヨンという小型犬のわりに出血量も多く、タイヤを蹴ったような音や「リードをしていないほうが悪い」という声も聞かれています。目撃情報とは一切一致しません。

犯人の男はいつも同じ格好で決まった時間に現れ、誰にでもイチャモンをつける有名人だったのです。リードをしていなかったら、確かに危険を感じる人もいます。しかし話が付いた後に蹴っており、ただ単にストレス発散したかっただけのように思われても仕方がありません。

「埼玉県川口市河川敷」リードなしの犬蹴り殺し、男逮捕!

他人の飼い犬を蹴って殺したとして、埼玉県警は同県川口市の男(47)を動物愛護法違反の疑いで逮捕した。調べに対して男は容疑を否認し、「犬がぶつかってきただけ」などと述べているという。罰則を強化した6月施行の改正法を適用しての逮捕は県内初という。捜査関係者への取材でわかった。

捜査関係者によると、男は12日午前11時55分ごろ、同市鳩ケ谷緑町1丁目の芝川河川敷で、市内の70代男性が飼っていた散歩中のパピヨン1匹(12歳、メス)を複数回蹴るなどして殺した疑いがある。パピヨンは頭の骨が折れるなどしていたという。

男は当時ランニング中で現場から立ち去ったが、目撃情報などから浮上した。パピヨンはリードが付いていない状態で、飼い主の手から離れていたという。

引用元:朝日新聞デジタル

小澤廉DV「クズのフルコース」文春で判明!美人彼女の顔画像/LINE全て公開!

犬がぶつかってきただけで、頭の骨など折れませんよね。非常に苦しい言い訳。飼い主がリードをしていなかったと書かれていることから、飼い主のそばを離れていていかにも”狂犬”だったというイメージが沸いてしまう。しかし飼い主の手から離れていただけで、近くにいなかったとは一言も言っていないのです。追記していきます(続く…)