東海大野球部”大麻使用”は誰「有名レギュラーメンバー」か!内部告発者による嫉妬

ニュース・事件

東海大学「硬式野球部」の不祥事。東海大野球部員が大麻を使用したとして、無期限の活動停止となりました。複数人が使用していますが、薬物を使用していた部員の名前は特定されているのでしょうか。さらに、内部告発したのは誰なのでしょうか。下に続きます…

東海大野球部の大麻使用は内部告発者による「嫉妬」

10月9日に東海大学に電話で「硬式野球部の部員が大麻を使用している疑いがある」と通報がありました。野球部員が大麻を使用していたのは、大学グラウンドに併設された寮内の4人部屋を襖で仕切った2人用の居住スペース。

大麻を使用していることを自ら誰かに話さない限り、外部に漏れることはありませんよね。ということは、明らかに同じ野球部員の誰か。大麻使用が公になれば、活動停止は免れないことくらい誰でも分かることです。

活動停止になっても害のない人間。ベンチ入りも出来ない部員の人間であると考えられますよね。さらに、1~3年生はまだこれからレギュラーを取れる可能性が残っています。となると、内部告発したのは4年生。最後のリーグ戦にベンチ入りも出来なかった部員が「嫉妬」から…という可能性がありますよね。

東海大野球部”大麻使用”は誰「有名レギュラーメンバー」か!

上記は今年の名簿です。140人の部員がいる中で、このうちの「一桁」の部員が大麻を使用していたのです。複数人を「一桁」と表現されていたので2、3人ではないでしょう。7、8人くらいは使用していたと考えられます。

名簿を見てもらうと分かるように、明らかに「東海大」系列高校の出身者が多い。付属上がりの選手や、その他の高校も甲子園常連校だったり強豪高校からの選手ばかり。東海大学野球部は、小さい頃から野球しかやってこなかった「野球バカ」が勢揃いしています。

これまで野球バカを育ててきた親は、お金も時間も費やしてきているはずです。野球道具や遠征費などに大きなお金がかかる。朝早く起きて弁当を作ったり、応援をして…。大学まで進めたのは、親のサポートあってこそです。選手ももちろん、並大抵の努力でここまで来ていないはず。

しかし、自分1人でここまで来たわけではありません。親のありがたみがまるで分っていない。感謝の気持ちがあれば、大麻などに手を出さない。野球を通して、人としても成長することを願って大学まで行かせていたのに、他の選手や学校に迷惑をかけるだけでなく、親も悲しませることになるんです。

むしろ有名レギュラーじゃねーの?
ここまで素早い対応するってことは
雑魚部員なら人知れず退学で終わりじゃね?

東海大学の素早い対応から、大麻使用をしていたのは「有名レギュラーメンバー」ではないかと言われていました。だとしたら先程もふれたように、内部告発をしたのは最後にリーグ戦に出られなかった部員による「嫉妬」からと考えると、辻褄が合ってしまう。

今年のドラフト候補は下記の10人。
・小郷賢人
・山崎伊織
・串畑勇誠
・中本光紀
・伊藤壮汰
・高木舜
・久田温斗
・松山仁彦
・有方琢眞
・新免汰晟

そして、プロ志望届を出した選手は下記の3人。
・小郷賢人投手(関西高校)
・山崎伊織投手(明石商業)
・串畑勇誠内野手(広陵高校)

きょう25日12時配信の記事は… “最速155キロ” #東海大「#小郷賢人」にスカウト陣が注目!
故障から復活、光ったフォークの“切れ味”
#関西高 出身の右腕です。お楽しみに!

元ヤクルト「伊藤智仁」を彷彿 東海大・山崎伊織の恐るべき実力

19/11/16 第50回記念明治神宮大会 串畑勇誠(三・東海大③/広陵)

谷繁元信の息子”凛”は大麻使用「中心人物」文春が明らかに!東海大野球部の裏事情とは

これからプロに行こうとしている人が、「興味本位で」大麻など使用しない。プロ志望届を出すということは少なからず注目されているからであって、人生を棒に振るようなバカなことはしないです。人生を棒に振ったと言えば、高校の時にドラフト候補に挙がっていた愛知大学の投手。
大矢圭一郎インスタ特定「有名になる」ドラフト候補が伸び悩み金の亡者へ

プロ注目選手であっても、大学に進学してから成績が伸び悩む人もいる。その為、犯罪に手を染めてしまう。しかし上記の小郷賢人投手や山崎伊織投手、串畑勇誠内野手は”今”プロ志望届を出した3人です。確実にプロ入りは不可能となり、これまでの努力がムダになります。

その為、小郷賢人投手や山崎伊織投手、串畑勇誠内野手ということはあり得ない。東海大学は大麻使用の人数も「一桁」と答えたり、使用した部員が誰なのか特定されるようなことは一切言っていません。少しでもヒントのような言葉を発すれば、有名レギュラーゆえに特定されてしまうと思ったのでしょうか。

しかし、有名レギュラーメンバーはこんな大事な時期に「興味本位」で大麻など使用しないでしょう。レギュラー争いに敗れた選手が、目の行き届かないところで大麻を使用。告発した人は大麻使用を発見し「活動停止になってしまえ」と、争いに敗れたうっぷんを晴らそうとしたのでしょうか。

【画像】巨人・原辰徳監督/菅野智之投手も東海大学出身

試合後、喜びを分かち合う #原辰徳監督と #菅野智之 #大城卓三選手の3人。全員が東海大相模高ー東海大出身(撮影・中井誠)

意外と知られていない東海大学時代の原辰徳くん

遅ればせながらジャイアンツ 菅野智之投手 プロ初勝利おめでとうございます。写真は11秋 関東地区大学野球選手権大会 東海大学 vs 白鴎大学です。

東海大学野球部員「複数人が大麻」無期限活動停止

東海大学硬式野球部員らによる大麻使用問題で、東海大は17日、記者会見を開き、部員らが大学の調査に対し「興味本位で大麻を使用した」と説明したと明らかにした。

東海大によると、大麻を使用したのは大学グラウンドに併設された寮内の4人部屋を襖で仕切った2人用の居住スペースだった。会見で大学側は、警察の捜査が進んでいるとして、詳細については回答を避けたが、大麻を使用したと認めた人数については「一桁台」とした。

野球部員の薬物使用は10月初旬に内部通報があり発覚。神奈川県警に事案を相談し、16日に家宅捜索を受けたという。

引用元:産経ニュース

強豪である東海大学野球部の不祥事。大麻使用の疑いの通報を受け、東海大学は調査委員会を立ち上げ神奈川県警平塚署に相談したところ、16日に学生から大麻を使用したと申し出がありました。その為、野球部は無期限の活動停止。首都大学野球の秋のリーグ戦は、残り試合の出場を辞退しています。

谷繁元信の息子”凛”は大麻使用「中心人物」文春が明らかに!東海大野球部の裏事情とは

最近、大学生の不祥事が多いような気がしますが、1人の不祥事が周りに多大な迷惑をかける。しかも今回は複数人。不祥事を起こせば、活動停止になることくらい分かっていたはずです。見つからないとでも思っていたのでしょうか。真面目に活動していた部員達や、これから入ってくる部員達もいる中で、迷惑をかけるという言葉で片付けるのはあまりにもかわいそう。追記していきます(続く…)