上野宝博容疑者”嫁”(家族)にDVか!生徒からはナメられていた「やんちゃ坊主」が挑発

ニュース・事件

兵庫県宝塚市立長尾中学校教諭、上野宝博(うえのたかひろ)容疑者の柔道部生徒に対する暴行事件。普段は「優しい」と評判の上野たかひろ教師ですが、「アイス」で暴行を受けた生徒が3回謝罪するも「今頃言っても許さん」と柔道技を続けた。DV男のような起伏の激しさだと言われていますが…。下に続きます…

小片リサのインスタ裏アカ内容判明!彼氏の存在暴露「なぜキスが上手なの」リークした人物逃走

上野宝博容疑者「今頃言っても許さん」3回謝罪も柔道技続けた

上野容疑者は、差し入れのアイスを生徒が無断で食べたことに腹を立てて暴行したということですが、教育委員会によりますと、生徒のうち1人は暴行を受けた際、「アイスを食べてごめんなさい」と、3回謝罪しました。しかし、上野容疑者は「今ごろ言っても許さん」などと、背負い投げや絞め技を繰り返したということです。

上野容疑者は「感情的になってしまった」と体罰を認めていて、警察は14日朝、上野容疑者を送検して、詳しく調べています。

引用元:ライブドアニュース

男子生徒が3回も謝ったのにも関わらず、「今頃言っても許さん」と柔道技を続けた。さらに上野宝博容疑者は柔道3段で、被害生徒らは初心者です。背骨を折られ全治3か月の重傷を負った生徒は、暴行で一時失神しています。

柔道のことを全く知らない人でも、どう考えても危険なことだと誰もが思う。「指導しようと思ったが感情的になってしまった」一時の感情で重傷を負うほど暴行するなんて、指導者とは言えません。よくこれまで3回も処分を受けていながら、平然と教師を続けられていた。

処分を受けた立場でありながら、上野宝博容疑者は自分が指導するという違和感を抱かなかったのでしょうか。こんな暴力教師を学校に置いておくなんて、何か問題を起こされてからでは遅いのに学校は生徒に指導する前に、上野宝博先生を指導すべきだったのです。

上野宝博教諭”嫁”(家族)にDVか!

分からないところを聞いたら、納得いくまで教えてくれて、すごく優しい笑顔で答えてくれました。やっぱりこういう優しいところを知ってるから、大好きだから、ネットで叩かれているのを見て、すごくつらいです。もちろん、暴力を受けた子は体だけでなく、心にも傷ついて、もしかしたらこれから学校に行くのが怖くなるかもしれない。社会的に生活していくのが難しくなるかもしれない。そういうことを思って、上野先生を批判する気持ちもわかります。でも、何も知らない人がそうやって軽い気持ちで思ったことを言わないでください。書き込まないでください。私は、体罰教師は大っ嫌いです。上野先生が大好きだったからこそ、とてもつらいです。みなさん、どうか上野先生の自業自得ではありますが、ご家族のためにも、コメントや書き込みは控えてください。

上野宝博教諭には、家族がいることが分かりました。年齢も50歳なので、子どもがいてもおかしくない歳です。中学生くらいの子どもかもしれない。自分が生徒にしたことを、子どもにも同じように出来るのでしょうか。自分の子どもが先生に暴行を受けたら、黙っていられるのでしょうか。

上野宝博さんの体罰のニュース見たけど怖すぎない?優しい人だったって言ってる人いるけど激昂して生徒を失神させて背骨折る起伏の激しさってDV男みてぇだな

今回の事件が起き、卒業生から「普段は穏やか」「優しい先生」「良い人」という声をネットでたくさん見かけました。日頃穏やかな人が、失神したり3度も謝っている生徒に対して「指導するつもりが感情的になった」と、柔道技をし続けるなどおかしいですよね。

感情の起伏が激しすぎる。1度キレてしまうと感情を抑えることができないのです。その場にいた男性の副顧問が止められなかったのもそういうこと。普段は穏やかで優しいけど感情の起伏が激しい。まさにDV男の特徴ですよね。

上野宝博(柔道顧問)容疑者「いつも優しい笑顔の良い先生」アイス事件の真相は違う?

過去に3度も処分を受けるほど体罰をしているのに、また繰り返すということは抑えられないからです。上野宝博教諭の妻も、同じようにDV被害を受けていたということも考えられてしまう。「いつもは優しい旦那だから…DVされた後はすごく優しいから…」典型的なDV男にハマる女の特徴。

生徒に大けがをさせるような教師です。家族も大事にできていないと思われて当然。妻にDVをしていたとなれば、今回の事件も納得できてしまう。表の顔は良いから「普段は優しい良い先生」という良いイメージを持たれている。

近所の人からも同じように「あそこの旦那さんすごく良い人よね」と言われる。しかし、本性を現した時は誰も手を付けることができないのです。そのきっかけとなってしまったのが、生徒が食べた「アイス」。ナメられたと感じた上野宝博教諭は、感情を止められなかったのです。

上野宝博教師、生徒からはナメられていた「やんちゃ坊主」が挑発

【長尾中学校obより】

私は数年前に上野宝博先生に持ってもらった生徒です。
obだからといって今回含め一連の体罰に関して「上野先生は本当は優しい人だ」とかいう気はありません。「誹謗中傷はやめてください」とも言いません。無駄な事なので。

上野宝博がしたことは許されることではないし、叩かれるのも当然だと思っています。でも私は上野先生が好きなので、少しでも世間の上野宝博のイメージが変えられれば嬉しいです。

上野先生は普段怒鳴ったりすることは滅多になく、「俺怒ってますよー」感もほとんど出さない先生でした。その性格が逆に生徒から「これくらい許してくれるだろう」というふうに使われてしまうこともありました。それがつもりに積もって今回爆発したんだと思います。というかそう考えるしかないです。

だから「アイス食べて怒った」じゃなくて、「積み重なった怒りがアイスで爆発した」っていうことを(わかってると思うけど)改めて頭に入れて、snsで批判する時もそういう発信の仕方、文章の書き方をして頂きたいし、そっちの方が正しいです。

加えて、これはobだからこその情報故、信憑性に欠けるものがあるので、あまりsnsに書き込むのは良くないんですが、被害にあった生徒は結構「やんちゃ坊主」だったらしく、今回以前にも何か結構やらかしていて、それも上野先生の怒りを助長して、体罰に繋がってしまったと考えるのが妥当かなと思います。
※決して今回の件で生徒に非があると言っている訳では無いです。手を出したのは上野先生が100悪いです。

ほんのわずかでも、上野宝博に対するイメージが変わってくれれば嬉しいです。
上野先生が罪を償い、また教壇にたつ日を心待ちにしています。

普段の上野宝博教師の姿から、生徒からは「これくらいなら許される」とナメられていたことが分かりました。そして、被害に遭った男子生徒達は「やんちゃ坊主」だった。これまでも何かやらしていたようで、普段は滅多に怒鳴らない先生のようなので何も言わなかったのでしょう。

そしてついに「アイス事件」が起きてしまう。アイスを勝手に食べたということよりも、被害にあった生徒達が隠し通そうとして他の生徒からの告げ口で本当のことを知った。それが引き金となったのです。

上野宝博(柔道顧問)容疑者「いつも優しい笑顔の良い先生」アイス事件の真相は違う?

散々何かやらかしてきて、自分が怒らないことをいいことに今回も隠し通そうとした。上野宝博教員は、自分がバカにされたと思いキレたに違いない。裏の顔が一気に出てきたのです。追記していきます(続く…)