筧真一の自宅判明!広野真由美さん利用して解雇「社員と揉めたらクビ」知人が暴露

ニュース・事件

兵庫県神戸市北区にある「ヤマト運輸神戸北鈴蘭台センター」で、男女2人が死傷した事件。逮捕された筧真一(かけいしんいち)容疑者の家族構成が判明し、自宅が特定されました。ヤマト運輸は、かけい真一容疑者に殺害された廣野真由美さんを利用して、筧しんいち容疑者を解雇していたとの情報が。下に続きます…

水元義人Facebookから「クズ親」顔が判明!妻子持ち隠していた「不倫バラす」

筧真一(かけいしんいち)の自宅・家族構成判明!

筧真一容疑者は、事件現場となったヤマト運輸から北西約1.5キロのマンションに1人で暮らしていました。近くには母親と双子の弟も住んでおり、3人で仲睦まじく出かける様子も目撃されています。父親の名前が出てきていないことから、離婚しているか亡くなっているのでしょう。

そして、筧真一容疑者も双子の弟も独身であることが分かります。1人になった母親を、2人で助け合いながら面倒を見ていたのでしょうか。家族を大事にしていたことがよく分かりますが、こんな事件を起こし家族を悲しませたのです。

上記の写真が筧真一容疑者の自宅です。こちらをもとに自宅が特定されていました。
「すずらん台コート」
〒651-1142 兵庫県神戸市北区甲栄台1丁目9

出典:Googleマップ

広野真由美さん利用してヤマト運輸は筧真一「解雇」

男をうまく辞めさせられず悶々としてたところ今回この被害女性を利用してクビにすることができた、というわけかな
最低最悪な会社だな
こどもさんいる方みたいだし、やるせない

(5ちゃんねるより)

筧真一容疑者は真面目すぎて、これまでも従業員とのトラブルがあったことが分かっています。小さなミスも見過ごすことが出来ず、上司であっても社員であっても誰にでも注意をしていたのでしょう。人間関係が上手く行っていたとはとても思えない筧真一容疑者です。

注意の仕方も、相手のかんに障るような言い方をしていたに違いない。仕事は真面目でも従業員からの評判は悪く、会社はトラブルメーカーをずっと置いておくわけにはいかないと考えていた。しかし仕事は真面目にやっていることから、急に解雇するわけにもいかなかったのでしょう。

不当解雇だと言わてしまわないように、解雇する理由を考えていた。そんな時、筧真一容疑者と男性従業員がトラブルになり広野真由美さんは仲裁に入った。その際に、筧真一容疑者の振り払った手が広野真由美さんに当たってしまった。

会社で暴力沙汰を起こせば、解雇する理由になる。会社はこれを利用しようと考え、広野真由美さんに被害届を出すように言ったのです。しかし、広野真由美さんと筧真一容疑者の関係は良好だったことと、広野真由美さんに向けた暴力ではなかったため「被害届は出したくない」と言っていました。

会社の指示で警察には行ったものの、筧真一容疑者を庇おうとしていたのです。しかし、会社は被害届を出したものと思いそのまま解雇。筧真一容疑者は「広野真由美さんのせいで自分は解雇された」と勘違いしたと考えられます。

水元義人Facebookから「クズ親」顔が判明!妻子持ち隠していた「不倫バラす」

「社員と揉めたらクビ」かけい真一の知人が暴露

「最近一緒に飲みに行きましたが、お酒の飲み方が荒かったのを覚えています。仕事の話になりましたが、相当ストレスを抱えている内容でした。
筧真一から聞いたヤマト運輸神戸鈴蘭台センターには若くしても役職が人間はいて、かなり年下の人から舐めた態度を取られたり、礼儀礼節も失ったような態度を取られていたそうです。
年下からはため口を聞かれ、それに対応する年上の筧は敬語。その日のご飯ではつもりつもったストレスを感じました。」

「いつもヤマト運輸の職場で不服を感じていたようです。こんなけ仕事を頑張っているのに全く評価されずダメ出しばっかで疲労困憊しているようにも感じ取れました。
「自分は頑張っている」は主観的な感情ですが、職場の人間はもう少し評価しても良かったのではないかなと思っていました。
報道で解雇になったとも報じられていたので、あれだけ頑張っていたのに残念というか、理不尽だなと思っています。因みに私も職場組織的にアゴで使われるような対応ばかりされて辞職しています。」

パートは正社員にしてもらえないのに社員と揉めたらクビ

(5ちゃんねるより)

かけい真一容疑者の知人から上記のような証言がありました。会社への不満を言っており、そんな中での解雇。自分はこんなに真面目に働いているのに「理不尽すぎる」。「解雇されて腹が立った」と会社に恨みを持った供述をし、今回の事件を起こしてしまったのです。

※追記 筧真一容疑者、送検時のピースサインが怖い

筧真一容疑者は送検時、警察官がマスクを着用するように言うものの拒否。さらに、報道陣に向かって笑顔でピースサイン。もう恐怖でしかありません。

筧しんいち容疑者は事件前日「包丁2本と木製バット」購入

「男は事件の前日、ホームセンターで凶器に使用したとみられる包丁を購入していました」

そして、5日午後6時ごろ、神戸市内のホームセンターで包丁2本と木製のバットなどを購入。廣野さんと男性従業員をそれぞれ別の包丁で刺すなど、強い殺意があったとみられます。

引用元:関西テレビ放送

水元義人Facebookから「クズ親」顔が判明!妻子持ち隠していた「不倫バラす」

筧真一容疑者はトラブルを起こしていた事件前日から、事件当日のための準備をしていたのです。解雇されたことによる恨みは相当なものだった。追記していきます(続く…)