石澤里美さんインスタ特定!Twitter/Facebook「心もキレイな女性」既婚知り身を引いた

ニュース・事件

埼玉県越谷市新越の路上で、石澤里美(石沢里美)さんが水元義人(みずもとよしと)容疑者に刃物で首を切られ亡くなった事件。殺害された石澤里美(いしざわさとみ)さんのInstagram・ツイッター・フェイスブックを特定しています。下に続きます…

石澤里美(いしざわさとみ)さんの顔画像

・名前→石澤里美(いしざわさとみ)
・年齢→23歳
・住所→埼玉県川口市前野宿
・職業→会社員(携帯電話ショップ)

上記の写真は最近のものではありませんが、非常にかわいらしい顔をしているのが分かります。大きな声でゲラゲラ笑うタイプではなく、クスクスと笑うイメージ。おとなしくて、おしとやかなイメージがあります。

石澤里美さんインスタ特定!

石澤里美さんのインスタグラムを調べてみると、上記のアカウントが見つかりました。このアカウントは非公開になっており投稿を見ることは出来ませんが、インスタのアイコン写真が後に詳しく記載するTwitterにツイートされていた写真と一致します。

そのため、上記のアカウントが石澤里美さんのインスタアカウントで間違いありません。しかし、投稿数もフォローしている人もフォロワーも「0」。こちらは捨て垢だった可能性もあります。この写真は2014年にツイートされていたものなので、とりあえずアカウントを作ってみた…といった感じでしょうか。

石澤里美さんは23歳と若いので、Instagramはやっているはず。他にもアカウントがあるかもしれませんね。ただ、上記の画像がTwitterに載せいていた画像なのですが「わたしの片割れ」と言っている親友と思われる友達との写真を使っているので、本来はこちらのアカウントを使うつもりで作ったのだと考えられます。

インスタの写真から、オシャレや友達との時間を満喫している様子がよく分かる。「seventeen」と書かれており、この頃は17歳。非常に楽しい高校生活を送っていたことも想像できますよね。

石澤さん自宅付近の住民
石澤さん自宅付近の住民

素直ですごくいい子で、こんにちはって挨拶もするし

石澤さん自宅付近の住民
石澤さん自宅付近の住民

会えばあいさつをしてくれる、穏やかでかわいらしい子でした

と近所の人の声があるように、性格の良さも顔に表れています。本当に素直そうな良い子で、穏やかな感じがよく分かります。人当たりも良く、誰からも愛されるような人柄だったのでしょう。

水元義人Facebookから「クズ親」顔が判明!妻子持ち隠していた「不倫バラす」

石沢里美さんのTwitter/Facebook

上記の画像が、石沢里美さんのツイッターのアカウントです。最後のツイートは2017年でキャンペーンに応募したものでした。2015年までは頻繁にツイートしており、2015年の最後のツイートは「スマホ今日から三日間使えないので、LINE返せません泣!」

スマホの問題から、新しくアカウントを作ったと考えられます。さらに、「使ってません」という名前になっていることからも別のアカウントがあることが分かります。

初めにふれた、石沢里美さんの顔が公開されているTwitterからの写真と同じ写真がこちらです。

石沢里美さんのTwitterは、大好きな友達との写真や三代目JSBの登坂広臣さんのことで溢れていました。三代目JSBファンの方は「R.Y.U.S.E.I.」からファンになった方も多いと思います。しかし、石沢里美さんはデビューから大好きで熱烈なファンであったことがよく分かります。

登坂広臣さんの他にも、EXILEのTAKAHIROさんやGENERATIONSの片寄涼太さんも好きなようで、好きな系統がハッキリしています。三代目JSBのデビューからファンということは、元々EXILEファンだったのでしょう。

元々のEXILEのイメージである「髭」「色黒」「怖い」というよりかは、顔は王子様系ですが男らしい男性に惹かれていたことが分かります。水元義人容疑者は、石澤里美さんのタイプとは違う。しかし一回り年上ということもあって、男らしさは感じていたでしょう。そこに惹かれていたのか…。

こちらはFacebookアカウント。報じられている写真と同様の写真が使われています。Facebookの投稿は3つのみで、ほとんど利用されていませんでした。23歳と若いので、メインはTwitterやインスタでしょう。

石澤里美さん「心もキレイな女性」水元義人の既婚知り身を引いた

被害女性は埼玉県川口市に住む会社員石澤里美さん(23)。心肺停止状態で病院に運ばれその後死亡が確認された。

警察は現場にいた、千葉県木更津市の会社員水元義人容疑者(35)を殺人未遂の現行犯で逮捕した。

(中略)

水元容疑者の知人:
信じられないというのが正直ある。本当にやったのかなみたいな。
「離婚するんですよ」ってこの間(9月14日)電話で言っていました。その離婚する方とは、2人か3人くらい子供がいたという感じです。また離婚するということで、1DKの部屋を紹介させてもらいました

また、水元容疑者の親族はFNNの取材に対し「カッとなりやすい性格だった」と話している。

警察の調べに対し「刺したことは間違いない」と話し容疑を認めている水元容疑者。

以前交際していた石澤さんに、復縁を迫っていた可能性もあるとみられ、警察は容疑を殺人に切り替え詳しい動機などについて調べている。

引用元:FNNプライムオンライン

石澤里美さんの通勤途中を狙い、待ち伏せして犯行に及ぶほど水元義人容疑者は強い殺意を持っていたのか。事件当時の様子「水元よしと容疑者は歩道上に座っていて、右手に包丁をもち、女性をひざの上でかかえておとなしくしていた」(70歳代男性の目撃者)から、もみ合っている中で刺してしまい、ぐったりした石澤里美さんの姿を見て呆然としており、殺すつもりはなかったとも考えられます。

これまでも復縁を迫っていたが、石澤里美さんは拒否していた。妻子がありながら隠して交際しており、それに気づいた石澤里美さんはすぐに別れを切り出したのでしょう。しかし、水元義人容疑者は「離婚するからよりを戻してほしい」と言い続けた。

これまで騙されて来てそんなこと信じられるわけもなく、とっくに愛想をつかしていた。振り向いてくれない水元義人容疑者は諦めきれず、刃物を持ち出して脅したに違いない。刃物を突き付ければ、怖がって言いなりになってくれる。また付き合えると勘違いしたクズ男。

「路上で刃物を振り回しもみ合っている2人がいる」と通報された時は、怖い思いをしながらも必死に離れようとした石澤里美さんの様子がよく分かる。愛情がなくなったことも1つの理由としてあるでしょうが、石澤里美さんはお子さんや奥さんのことを想って身を引いたのでしょう。

水元義人容疑者が離婚することなんて求めてなかった。相手の家庭を壊してはいけない。子どもは3人もいてまだ小さい。父親は必要なはず。何も知らない家族がかわいそうだ…と、石澤里美さんは思ったに違いない。石澤里美さんは、顔だけでなく心もキレイなのです。

※追記 水元義人容疑者は2回結婚していた

水元よしと容疑者と15年来の付き合いだという知人は「2回結婚しているのかな。知っている限りでは」と話しています。女性関係にだらしなかったのでしょう。そして水元よしと容疑者は、9月14日には「離婚する」「新居に1人で住む」と話していたようです。

※追記 水元義人容疑者「心中しようとした」

水元義人容疑者と石澤里美さんは、職場の同僚だったことが分かりました。そして水元義人容疑者は事件当日、現場まで車で来ていました。「車に刃物を積んできた」と供述しており、出勤途中の石澤里美さんを職場近くで待ち伏せていたのです。

石澤里美さんとは「去年の9月ごろから今年の7月ごろまで交際していた」と水元義人容疑者は話しています。事件前日、石澤里美さんからLINEで「会えない、会いたくない」と連絡が来た水元義人容疑者は「復縁を迫ったが断られたので殺そうとした」「心中しようと考えた」と、石澤里美さんのことを忘れられず諦めきれなかった水元義人容疑者は犯行に及んだのです。

水元義人容疑者が車で来ていたのには理由があり、車に乗せて家かホテルで犯行に及ぼうとしていたのです。しかし、車に乗るように声をかけたところ拒否され「助けて」と叫ばれた。そのため「包丁を出して脅そうとしたが、言うことを聞かないので刺した」と話しています。

心中を考えていた水元義人容疑者ですが「死のうと思ったが死ぬ勇気がなかった」と話しており、あまりにも身勝手な犯行であることが分かります。目撃した男性によると、事件当時の様子は「男性が座って、女性が膝の上に横たわって。恋人同士かそんな感じで抱きしめていた」ようです。

水元義人Facebookから「クズ親」顔が判明!妻子持ち隠していた「不倫バラす」

「これで自分のものになった…」と思っていたのか。愛情と独占欲が強すぎたゆえに、今回の事件が起きてしまった。追記していきます(続く…)