竹内結子さん自殺1週間前から精神異変か!「空白の1時間」の謎判明も周りの本音は真逆

竹内結子さん自殺

竹内結子さんが死去し、自宅のクローゼットで自殺したとみられています。竹内結子さんが亡くなる1週間前から、何か精神的に異変があったのではと思われることがあったようです。さらに、YUIさんのインスタや周りの本音からも異変があったことが分かります。下に続きます…

竹内結子さん自殺1週間前から精神異変か!

竹内結子さんとイモトアヤコさんは非常に親しいことでも有名ですよね。竹内結子さんのInstagramで唯一フォローしているのがイモトアヤコさんで、お互いのインスタには度々登場していたり、コメントをし合ったりと仲の良さがよく分かります。

なんか自殺する一週間前から突然?イモトアヤコへのインスタからの連絡止めてたらしいの気になる

(5ちゃんねるより)

しかし竹内結子さんが亡くなる1週間前から、イモトアヤコさんのインスタグラムからの連絡を止めていたという情報がありました。1週間前に竹内結子さんの中で何かあったのか。大好きなイモトアヤコさんと絡みもなくなるくらい、精神的にダメージがあったのでしょうか。

あああったな、それでやはり何らかの精神異変があったのかもと
それとYUIのインスタ文も
旦那も含めおかしくなってるの知ってる人はいたのかも

(5ちゃんねるより)

後ほど記載しますが、YUIさんのインスタのストーリーでの意味深発言があったりと、竹内結子さんは何かしらの異変があったと考える人も多いようです。竹内結子さんは過去にイジメをうけていたり、家庭環境が複雑で疎外感を抱えていたことも分かっていますが、そのような経験があると精神的にダメージを受けやすくなったりすることもあるのでしょうか…。

竹内結子イジメを受けていた?疎外感を抱えて生きてきた「愛がないと生きられない」

竹内結子さん「空白の1時間」の謎判明も周りの本音は真逆

竹内さんの自宅マンションは室内が2階建て構造のメゾネットタイプ。竹内さんは亡くなる前、1階で夫の俳優・中林大樹(35)と長男(14)、そして生後8か月の次男と家族団らんしていた。

その後、竹内さんはひとり寝室のある2階へ。10分ほど経過しても1階に降りて来なったため、夫の中林さんは「疲れて寝たのだろうと思った」と周囲に説明していることが分かった。

(中略)

竹内さんが食後、一人で二階に上がり、変わり果てた姿で発見されるまでの〝空白の1時間〟が一部でクローズアップされているが、家族は「寝たのだろう」と判断し、大ごとになっているとは夢にも思わなかったのが真相だ。

「それほど竹内さんの挙動に不自然な点はなかったということだ」とは関係者。

引用元:東スポWeb

竹内結子さんが家族4人で夕飯を食べ団らんをした後、1人で2階へ上がってからの「1時間」の間に何かあったとされています。この「空白の1時間」は、家族が気にするほど竹内結子さんの挙動に不自然な点はなかったとされています。

そのため「空白の1時間」が出来ていたという報道。しかし、先程もふれたように1週間前からの異変。そして、下記のような証言も出てきています。

ココ最近はあまり喋らず深刻そうな顔をしていて暗かったし心配だったと言う話が多い
本音はみんなそう思ってたらしい

先程の東スポの内容とは真逆で、「ここ最近は深刻そうで暗かったから心配だった」という話が出ています。竹内結子さんの周りは何かに異変に気付いていたのかもしれない。

竹内結子は自殺ではなく「薬物」従兄弟が暴露!三浦春馬も「圧力」で発表されない

YUIのインスタが意味深すぎる

あなたが死ぬのは悲しい。
でもその胸の痛みは取ってあげられない。
どうかその苦しみを乗り越えて、幸せな未来を生きるあなたを見たい。
その胸の痛みよ、飛んでいけ。痛いの痛いの飛んでけ。あなたを傷つける全てを食べてあげたい。
全てを失ったとしても、少なくとも私はあなたを愛しています。
あなたの傷ついた心を優しく包み込みますように。深い夜には月が明るく照らしますように。

上記のインスタのストーリーは、YUIさんがあげたものです。竹内結子さんの出演作品の主題歌をYUIさんが担当していることが多かったり、プライベートでも仲が良かったようです。YUIさんのインスタが意味深すぎますよね。

仲の良かったYUIさんには全てを話していたのか。何かを知っていたからこのような文章を書いていたと考えられますよね。「あなたが死ぬのは悲しい」竹内結子さんは自殺をほのめかしていたのでしょうか。

竹内結子は自殺ではなく「薬物」従兄弟が暴露!三浦春馬も「圧力」で発表されない

YUIさんのインスタから、竹内結子さんは心に深い傷を負っていたことが分かります。「私は胸の痛みを取ってあげられないけど、竹内結子さんが幸せに過ごせることを誰よりも願っている」YUIさんの言葉に胸を締め付けられる…。(続く…)