笹谷正夫(まさお)の顔はカッコイイ肉食系「母親にも助けてもらえない」長女バリカンで丸刈り

ニュース・事件

兵庫県神戸市で、小学校6年生の11歳の長女をバリカンで丸刈りにし、顔を蹴って骨折させたとして塗装業の笹谷正夫(ささたにまさお)容疑者が逮捕されました。笹谷まさお容疑者は、長女の義父。ささたにまさお容疑者の妻で、長女の母親は虐待を知りながら助けなかったのか…。下に続きます…

竹内麻理亜「中学時代から偽る癖」生い立ちが文春で明らかに!「友達も少ない」同級生証言

笹谷正夫(ささたにまさお)容疑者の顔はカッコイイ肉食系

・名前→笹谷正夫(ささたにまさお)
・年齢→34歳
・住所→兵庫県神戸市垂水区
・職業→塗装業
・家族構成→妻、11歳(小6)の長女(母親の連れ子)、3歳次女、1歳長男(共に実子)
・逮捕容疑→傷害と暴行の疑い

こういう肉食系男子がもてるんだろな

カッコいいもんな
まさに陽キャ

(5ちゃんねるより)

笹谷正夫容疑者の職業は塗装業。中卒でも、勉強が出来なくても出来る仕事なので若い頃はヤンチャしていたというイメージを持つ方も多いでしょう。現場系の職業の人が草食系というイメージもありませんよね。肉食系のかっこよさに「男らしい」と、笹谷正夫容疑者の妻は惹かれていったのでしょう。

笹谷正夫容疑者は相手に子どもがいてもいなくても、父親になるという考えの前に相手が気になったらどんどん狙っていったに違いない。自分が狙ったものは手に入れないと気がすまない。塗装業の方はもちろんプロ意識を持って働いている方もいますが、ちゃんと教育を受けてこなかったばっかりに子どものまま親になる人が多い。

その為、笹谷正夫容疑者の妻と一緒になることばかり考えて、長女の父親になるという自覚が全くなかったと考えられますよね。自分の思い通りにならないと、子どもに手をあげる最低な父親。

長女は母親の連れ子で笹谷まさおは義父

笹谷まさお容疑者と、虐待を受けていた長女の母親は4年前に再婚。そして、女の子は母親の連れ子でした。その為、笹谷まさお容疑者は義父。長女の背中あたりまで髪の毛をバリカンで刈ってほぼ頭髪がない状態にし、顔を蹴って全治1か月の眼底骨折をさせる。

「しつけのため」とか「私の期待を裏切った」とか、笹谷まさお容疑者の行為は明らかに虐待でしつけのレベルではない。親の期待を裏切ったから虐待していいという理由にもならない。血縁関係がないことなど関係ありません。

再婚した時点で長女の父親になるのだから、親子関係を大事に作っていくのが当たり前なのです。そんな覚悟もないまま結婚するからこんなことが起きてしまう。「これまで何度もお父さんに殴られたり怒鳴られたりしたので、怖くて何も言えなかった」長女にこんなことを言わせて、何も感じないのでしょうか。

大好きなお母さんが選んだ男の人と結婚したことに、長女は素直に受け入れ親子になりたかったと思っていたに違いない。でなければ何度も殴られている人に対して「お父さん」と素直に呼べないでしょう。

竹内麻理亜「中学時代から偽る癖」生い立ちが文春で明らかに!「友達も少ない」同級生証言

長女「母親にも助けてもらえない」

期待をするのは勝手。
信頼関係が成り立っていなければ義父の思い通りになんて子供はならないでしょ。
そもそも子供はペットじゃあるまいし思い通りになんて血が繋がっていたってならないだろうし。

血が繋がっていない親子なのだから信頼してもらえるように義父が努力すべき。多感な年頃で新しいお父さんに心を開くのに時間がかかるのを待てなかったのか、最初から暴力的だったのか…
暴力で押さえつけようとしたって11歳の子なのだし無理でしょう。
家出して保護されて本当に良かった。

義父はもちろん、母親も重罪だと思う。
家出したということは母親に助けてもらえないと思っているからでしょう。

長女が虐待されていたことが発覚したのは、母親の「娘が家出した」と通報したことがきっかけでした。この母親の通報の仕方に違和感しか覚えません。「娘が家出」の前に、なぜ家出したのか分かっているはずです。

なぜもっと早く「旦那が虐待している」と通報しなかったのか。娘が家出する原因を作ったのは、笹谷正夫容疑者だけではありません。母親が助けなかったから。11歳の長女は母親に助けを求めたところで、何も変わらないと分かっていたから家出したのです。

日頃から見て見ぬふりをされていたことがよく分かる。自分を守るために小学校6年生で家出をする勇気をもった長女は、本当にすごい。

11歳(小6)長女の髪の毛をバリカンで丸刈り、笹谷正夫逮捕!

逮捕されたのは、神戸市垂水区の塗装業、笹谷正夫容疑者(34)です。

警察によりますと、先月上旬、神戸市の自宅で、小学6年生で11歳の長女の髪の毛をバリカンで丸刈りにしたほか、顔を蹴って目の下の骨を折る大けがをさせたとして傷害と暴行の疑いがもたれています。

先月17日の夜、近所の住民が家出をしたという長女を路上で見つけて小学校に連れていったところ、丸刈りの髪型や顔のあざを不審に思った関係者が警察に通報したということです。

調べに対して容疑を認め、「しつけだった。長女の家の帰りが遅く、言うことをきかないので1年くらい前から殴ったり蹴ったりした」と供述しているということです。

この家庭にはほかに2人の子どもがいますが、いずれもけがはないということで、警察は長女を対象に虐待を繰り返していたとみて調べています。

引用元:NHK関西のニュース
  • 小学校6年生の11歳の長女の髪の毛をバリカンで丸刈りにした
  • 顔を蹴って、目の下の骨を折る大けがをさせた
  • 全治およそ1カ月の眼底骨折
  • 母親が「娘が家出した」と通報
  • 長女の頭が丸刈り状態で、目にあざがあったことから事件が発覚
  • 傷害と暴行の疑いで塗装業の父親、笹谷正夫容疑者を逮捕
  • 「言うことを聞かなかったので、しつけのためにやった
  • 「長女に何回もチャンスを与えたが、わたしの期待を裏切った」と供述
    4年前に再婚しており、長女と父親に血縁関係はない(母親の連れ子)
  • 長女の母親との間に生まれた3歳の次女と1歳の長男もいますが、いずれもケガはない

竹内麻理亜「中学時代から偽る癖」生い立ちが文春で明らかに!「友達も少ない」同級生証言

あまりにも虐待の事件が多すぎる。家出できたことで、発覚して本当に良かった…。今後いっそうの波紋が広がることは間違いない。追記していきます(続く…)