熊谷和洋の熊本大研究員へ計画的犯行!楢原知里さん「ストーカー行為」を周囲に相談していたか

ニュース・事件

熊本県熊本市中央区で、熊本大学の特定事業研究員の楢原知里さんが殺害された事件で、熊谷和洋(くまがいかずひろ)容疑者が逮捕されました。熊谷かずひろ容疑者は、楢原知里さんが住むマンションの元清掃員で、お互いの連絡先も知る知人関係だったことが分かりました。さらに、2007年には詐欺容疑で逮捕された前科者であることも分かっています。

30歳以上年齢差がありますが、楢原知里さんは周囲に熊谷和洋容疑者のストーカー行為に悩み、相談していたのか。下に続きます…

楢原知里(ならはらちさと)さんFacebook特定!高校時代から「頭脳派」熊本大学の美人研究員

「熊本大学研究員」楢原知里(ならはらちさと)さんの顔画像・プロフィール

・名前→楢原知里(ならはらちさと)さん
・年齢→35歳
・住所→熊本県熊本市中央区本荘4丁目
・職業→熊本大学ヒトレトロウイルス学共同研究センターの研究員(特定事業研究員)

殺害された楢原知里さんのSNSからは、仕事熱心で仕事に生きていたのがよく分かります。美人で知的な女性。お茶目な一面もあった楢原知里さん。熊本大学の女性研究員を狙ったのは、マンション元清掃員の67歳の熊谷和洋容疑者でした。

楢原知里(ならはらちさと)さんFacebook特定!高校時代から「頭脳派」熊本大学の美人研究員

マンション元清掃員・熊谷和洋(くまがいかずひろ)の熊本大研究員へ計画的犯行!

・名前→熊谷和洋(くまがいかずひろ)
・年齢→67歳
・住所→熊本県熊本市中央区本荘3丁目
・職業→無職
・逮捕容疑→死体遺棄の疑い

熊谷容疑者は、楢原知里さんが住むマンションの元清掃員でした。そして、やはり土地勘のある人物だった。誰も近寄らない場所だと分かっていてこの場所を選んだのです。しかも楢原知里さんが発見された日は、大型台風が来ていました。

死体遺棄が台風直撃の日っぽいのも
痕跡隠蔽する気満々で冷酷

(爆サイより)

熊谷和洋容疑者は死体遺棄の疑いで逮捕されていますが、殺害にも関わっているとみて捜査されています。熊谷和洋容疑者は、以前から楢原知里さんを殺害する計画を練っていたのでしょう。そして、大型台風が来ることを知った熊谷和洋容疑者は、この日に決めたのです。

明らかに台風を利用し、証拠隠滅を図ったとしか思えません。大型台風の中外を歩いたために、事故で亡くなってしまったのを狙ったのか。携帯電話が見つかっていなかったのも、自分に繋がる証拠を消そうとしたからですよね。

連絡先をお互い知っていたとなれば、楢原知里さんの携帯には熊谷和洋容疑者の連絡先が入っているはずですからね。後に記載しますが、楢原知里さんに好意があるとしつこく連絡していたら、そのような履歴も残っているはず。全く相手にされず、振り向いてくれなかった楢原知里さんにつきまとい、今回の犯行を計画したのか。

楢原知里(ならはらちさと)さんFacebook特定!高校時代から「頭脳派」熊本大学の美人研究員

楢原知里さんは熊谷かずひろ「ストーカー行為」を周囲に相談していたか

熊谷容疑者は楢原知里さんが住んでいた同区のマンションの元清掃員。2人は面識があり、互いの連絡先を知っていた。これまで楢原知里さんから警察にトラブルの相談などはなかった。楢原知里さんの周辺などへの聞き込みで、熊谷容疑者が浮上した。

互いの連絡先を知っており、熊谷かずひろ容疑者と楢原知里さんの間にトラブルは確認されていない。しかし、大学関係者や楢原知里さんの周辺などの聞き込みで熊谷かずひろ容疑者の名前があがった。周囲が熊谷かずひろ容疑者の存在を知っていなければ、名前があがることはありません。

楢原知里さんが熊本県に引っ越してきた時、マンションの清掃員をしていた熊谷かずひろ容疑者と顔を合わせることがあったのでしょう。楢原知里さんのFacebookを見ると分かるように、礼儀正しくて周りの人達から愛されていたことがよく分かります。

顔を合わせた時は、笑顔で挨拶をしていたのは容易に推測できます。楢原知里さんも知り合いが全くいない土地に来て、話し相手がおらず寂しかったに違いない。そんな時、会うたびに優しく話しかけてくれて話を聞いてくれる熊谷かずひろ容疑者に心を開いて行った。

熊谷かずひろ容疑者のことをお父さんのように思っていたのでしょう。そんな時、熊谷かずひろ容疑者から連絡先を聞かれても断る理由がなかったのです。もちろん、熊谷かずひろ容疑者は楢原知里さんに好意を寄せていたに違いない。

そこから、熊谷かずひろ容疑者からの猛アタック開始。楢原知里さんにそんな気は全くなかったため、軽くかわしていたのでしょう。しかし、どんどんエスカレートする熊谷かずひろ容疑者に恐怖を覚え、熊本大学で一緒に働く人や周囲に相談し、清掃会社に連絡して辞めてもらったと考えられます。

その為「元」清掃員で現在は無職なのでしょう。大学関係者や楢原知里さんの周辺から熊谷かずひろ容疑者の名前が出たのは、楢原知里さんが相談していたからだったのです。職を失い、好意を寄せていた人からも相手にされず勝手に恨んでいたのか。

※追記【2007年】熊谷和洋は詐欺容疑で逮捕された前科者だった

寸借詐欺:容疑の男逮捕--熊本北署 /熊本
5月10日14時1分配信 毎日新聞

 熊本北署は9日、芸能プロダクションの名刺を使って金をだまし取ったとして、住所不定、無職、熊谷和洋容疑者(54)を詐欺容疑で逮捕した。
 調べでは、熊谷容疑者は1月8日午後2時ごろ、熊本市の百貨店で販売員の女性(39)に「財布をなくしたので、3000円貸して下さい。必ず4時10分までに返しに来ます」とうそをいい、3000円をだまし取った疑い。熊谷容疑者が東京の大手芸能プロダクションの名刺を差し出したため、女性はすっかり信用してしまったという。
 同署管内では1月以降、同様の寸借詐欺が数件起きており、余罪についても追及する。

熊谷和洋容疑者は、2007年に詐欺容疑で逮捕された前科者であることが分かりました。2007年の年齢は54歳。現在は67歳なので、年齢も一致します。今回の事件を起こしたのも、自分が犯罪者になることに何も感じていなかったのか。

ただ、楢原知里さんの財布は盗られておらず熊本大で見つかっているので、金銭が目的ではなかったということが容易に推測できます。

楢原知里さん「熊本大学研究員殺害事件」熊谷和洋容疑者が逮捕

死体遺棄の疑いで逮捕された、熊本市の無職・熊谷和洋容疑者(67)は9月6日、熊本市にある道路脇の溝に、近くに住む熊本大学の研究員・楢原知里さん(35)の遺体を遺棄した疑いが持たれている。

警察によると、熊谷容疑者は楢原さんの住むマンションの元清掃員で、知人関係にあったとみられ、大学関係者や現場周辺の聞き込みなどから、熊谷容疑者が浮上した。

熊谷容疑者は、ニュースなどを見て逃亡していたが、12日夕方、捜査員が県北部で発見し、容疑を認めたため、逮捕した。

引用元:FNNプライムオンライン
  • 熊本市中央区本荘の側溝で、熊本大学研究員の楢原知里さんが殺害されているのが見つかった
  • 首を絞めれたことによる窒息死だった
  • 熊谷和洋容疑者が逮捕
  • 「遺体を捨てた」と容疑を認めている
  • 熊谷容疑者は楢原知里さんの住むマンションの元清掃員
  • 互いの連絡先も知っている知人関係だった
  • 熊本大病院の立体駐車場で、楢原知里さんの財布やノートパソコンなどが入ったリュックが見つかっていた
  • 自宅の鍵や携帯電話は見つかっていなかった

楢原知里(ならはらちさと)さんFacebook特定!高校時代から「頭脳派」熊本大学の美人研究員

マンションの元清掃員と連絡先も知る関係。熊谷和洋容疑者と楢原知里さんの年齢差は32歳。今後いっそうの波紋が広がることは間違いない。追記していきます(続く…)