冨澤進(とみざわすすむ)認知症はデマ!冨沢友美さんに「存在否定」され殺害か

ニュース・事件

祖父が高校2年生の孫を殺害した事件。冨沢進容疑者は、酒を飲んでいて「カッとなってやった」と話しています。女子高生の冨澤友美さんが冨澤進容疑者と一緒に住んだ理由は、介護をめぐり両親がケンカしていたからなのか。そのことから、2人の間に何らかの亀裂が生じた…。下に続きます…

楢原知里(ならはらちさと)さんFacebook特定!高校時代から「頭脳派」熊本大学の美人研究員

冨澤友美さん両親のケンカは「祖父の介護」が原因か

介護問題で両親が度々ケンカ
「だったら私がお爺ちゃんの面倒みるよ!」
だったのかも

(爆サイより)

冨澤進容疑者の妻が病気で入院したため、1人暮らしとなった冨澤進容疑者。その為、冨澤友美さんとその両親は代わるがわる家を訪れ、食事を作るなどの世話をしていました。そして、冨澤友美さんが冨澤進容疑者と一緒に住んでいた理由は、「両親がケンカばかりするから」でした。

1人暮らしとなった冨澤進容疑者の介護をめぐり、冨澤友美さんの両親はケンカが絶えなくなってしまったのか。それに見かねた冨澤友美さんは「私がおじいちゃんと一緒に住むから」と言ったと考えられますね。

おじいちゃんが大好きだったし、両親がケンカするくらいならと思っていたに違いない。優しさで溢れている冨澤友美さん。ただただ「おじいちゃんを助けたい」「両親には仲良しでいて欲しい」そう思っただけなのに、おじいちゃんに殺害されてしまったのです…。

冨澤進(とみざわすすむ)認知症はデマ!

身を守ろうとする間もないほど一気に刺されまくったってこと?
どんだけかっとなってんのよ
どんだけ体力あるんだよって
86歳だよね
認知症とかじゃないわけか?

(爆サイより)

1階の複数の場所に血痕が見つかっていることから、冨澤容疑者が逃げる友美さんを刃物で複数回襲った可能性もあるとされているように、冨澤友美さんさんは冨澤進容疑者から逃げていたことが分かります。

逃げる孫を追うほど、強い殺意があったとしか思えません。近所の人によると、冨澤進容疑者は認知症の症状があったと話していますが、警察とのやり取りの中では、明らかな認知症の症状はなかったとされています。

しかし、86歳のおじいちゃんが高校2年生相手にそんなに体力があるのでしょうか。近所の人が気付くほどの認知症なら、家族も分かっていたはずです。警察とのやり取りの中でも認知症の症状は確認されていません。

元気なおじいちゃんであっても逃げる孫を追ってまで殺そうとするのは、2人の間に何かあったからとしか思えませんよね。

楢原知里(ならはらちさと)さんFacebook特定!高校時代から「頭脳派」熊本大学の美人研究員

冨澤進は冨澤友美さんに「存在否定」され殺害か

孫の甲斐甲斐しさが嬉しい反面鬱陶しかったのかな。であんま酒飲むなとか干渉されて家に帰れと言って娘も爺ちゃんがいるからこんな事になったんだとか売り言葉に買い言葉で存在否定に近い言葉になっちゃったとかさ

(爆サイより)

祖父をかいがいしく世話し、祖父も孫の女子生徒を人一倍かわいがっていた(2人を知る住民)やはり、おじいちゃんのために冨澤友美さんは一緒に暮らそうと決めたのです。「将来は学校の先生になりたい」と冨澤友美さんは話しており、教師を目指すくらいです。

誰かの面倒を見たり、世話を焼いたりすることは好きだったのでしょう。初めは溺愛している孫だったので、一緒に暮らせて冨澤進容疑者も嬉しかったはずです。しかし、溺愛しているからこそ気を遣うことも多かったはず。

元々お酒を飲むのが好きだった冨澤進容疑者は、いつも通り夜な夜なお酒を飲んでいた。しかし、冨澤友美さんはおじいちゃんのためと思って「お酒飲みすぎないように」と口うるさく言っていたのでしょう。

一緒に暮らし始めたばかりの時は、かわいい孫と一緒に住んでいるのが幸せだった。それが冨澤進容疑者にとって、かわいい孫は邪魔な存在でしかなくなってしまったのか。いちいち世話を焼いてくるのも「まだまだ元気だから、人に世話を焼いてもらう必要はない」というプライドが許さなかった。

「一緒に冨澤友美さんがおじいちゃんの後をついて歩いていて」という近所の証言がありますが、自分は介護をされていると思っていたのでしょう。干渉されることに疲れた冨澤進容疑者は「家に帰れ」と冨澤友美さん言っていた。

しかし冨澤友美さんは、先程もふれたように「冨澤進容疑者の介護が原因で両親がケンカ」していたために一緒に住み始めたのです。「おじいちゃんがいるから私はこんなことになっている」と反論。この言葉にこれまで溜まってきたものが全て爆発したのか。

存在を否定されたような気持になった冨澤進容疑者は、カッとなった。お酒も入りどんどん怒りが増し、そして冨澤友美さんが寝たところを狙ったのか…。

冨沢進容疑者「カッとなってやった」孫の冨沢友美さん殺害

孫娘は上半身を複数回刺されており、捜査関係者によると、冨沢容疑者は「カッとなってやった」などと容疑を認める趣旨の供述をしているという。事件当時、酒を飲んでおり、県警は詳しい状況を調べる。

発表では、冨沢容疑者は9日夜、同居する冨沢友美さん(16)の上半身を刃物で刺して殺害した疑い。

(中略)

友美さんは上半身を複数回刺されていたが、身を守ろうとした際の傷はほとんどなかった。横たわった状態で刺されたとみられ、県警は就寝中に襲われた可能性があるとみている。

引用元:ライブドアニュース
  • 福井市黒丸城町の住宅で高校2年生の冨沢友美さんが殺害された
  • 冨沢友美さんと一緒に住んでいた祖父の冨沢進容疑者が逮捕
  • 上半身を鋭利な刃物で複数回刺した
  • 冨沢進容疑者が冨沢友美さんの両親に「けんかをしていたら動かなくなった」と電話をした
  • 両親が駆け付けると1階に冨澤進容疑者の姿があり、冨澤友美さんが倒れていた
  • 冨沢進容疑者は酒を飲んでおり「カッとなってやった」と話している
  • 家族が代わるがわる冨澤進容疑者の面倒を見ていた
  • 冨澤友美さんは2か月前から一緒に暮らしていた
  • 一緒に買い物に行く姿が目撃されており「仲がよさそうだった」と近所の住民が話している
  • 冨澤進容疑者に傷痕はなく、争った形跡もなかった
  • 冨澤友美さんには抵抗した際に出来る傷などがなかった
  • 就寝中に襲われた可能性がある

楢原知里(ならはらちさと)さんFacebook特定!高校時代から「頭脳派」熊本大学の美人研究員

おじいちゃんと孫の悲しすぎる事件。まだまだ闇は深そうです…。今後いっそうの波紋が広がることは間違いない。追記していきます(続く…)