冨澤友美さんのFacebook/Twitter/高校特定「優しそうな女子高生」福井市祖父逮捕

ニュース・事件

福井県福井市黒丸城町で冨澤友美(とみざわともみ)さんを殺害したとして、祖父の冨沢進(とみざわすすむ)容疑者を逮捕しました。冨澤ともみさんのフェイスブック・Twitter・インスタグラムのSNS、高校名について記載していきます。冨沢友美さんの「優しそう」と言われる顔写真についても。下に続きます…

冨澤友美さんのFacebook特定!

・名前→冨澤友美(とみざわともみ)さん
・年齢→16歳
・職業→高校2年生
・住所→福井県福井市黒丸城町

「冨澤友美」さんと同姓同名のフェイスブックアカウントを見つけました。こちらのFacebookには、高校名も記載されており「福井市」の高校です。2019年で更新は止まっていますが、2019年の投稿には制服姿で友達と楽しそうに映っている写真がありました。

上記のように友達と映っている写真のように、冨澤友美さんの公開されたFacebookからの顔写真と同じ写真が投稿されています。去年高校生だったということ、名前と顔の一致、高校の場所が福井市であることから、上記のFacebookであるフェイスブックであると考えられます。

さらに、欅坂46が好きだったことも分かりました。アイドルが好きな女の子だったのですね。同じショートヘアの平手友梨奈さんが好きだったのでしょうか。可愛い女の子というより、かっこいい女の子に惹かれていたのかもしれませんね。

フェイスブックに投稿されている顔写真から、冨澤友美さんは明るくて優しそうな印象を持ちます。祖父の冨澤進容疑者と暮らす前は、冨澤友美さんとその両親が祖父の家を時々訪れ、1人暮らしになった富澤進容疑者の食事を作るなど世話をしていたことが分かっています。

これらを考えても、おじいちゃんのためにご飯を作りに行き、家事や祖父の身の回りのことをやり、非常に優しい孫だということが分かりますよね。おじいちゃんが「大好きだった」ということも、よく伝わってきます。

冨澤進容疑者と暮らすようになってからも、積極的に家のことをやっていたのでしょう。「両親がけんかばかりするから」と、祖父である冨沢進容疑者宅へ行ったわけですが、本当はおじいちゃんが心配だからという気持ちもあったに違いない。

2か月という短い期間でしたが、大好きなおじいちゃんと一緒に過ごせて冨沢友美さんは嬉しかったはずです。Facebookには下記の写真も投稿されていましたが、この写真と同じものをツイッターのアイコンにしているアカウントを見つけました。

冨澤ともみさんTwitter特定「優しそうな女子高生」

被害者のTwitter見つけた
普通のやさしそうな女の子

5ちゃんねるより「ツイッターを見つけた」という情報がありました。やはり先程もふれたように「優しそうな女の子」というイメージを持つようです。誰が見ても優しそうな女子高校生。両親がケンカばかりする姿に心が痛んでいたのでしょう。

先程もふれたようにフェイスブックに投稿されていた写真と同じ、冨沢ともみさんと思われるツイッターアカウントも見つけました。Facebookと同じ顔写真を使っており、ツイートからも現在高校生であることが分かります。その為、上記のアカウントの可能性が考えられます。

中学生活がとても楽しかったことが非常に伝わるツイートの数々。スポーツも頑張っていたことがよく分かります。Facebook同様、ツイッターも2019年から更新が止まっているので、高校生活についてはあまり書かれていませんでした。

しかし、ファッションやコスメに興味のある女の子であることが分かりました。オシャレに興味のある女子高校生。まだまだこれから、たくさんかわいい服を着てメイクをして。やりたいことがたくさんあったはずです…。

「明るく朗らかな生徒で、特に悩んでいるとか、そういう話等は聞いていない」(友美さんが通っていた高校の校長)という話もあるように、明るくて優しい、オシャレに興味がある普通の女子高生だったのです。

冨沢友美さん高校は「啓新高等学校」

冨沢友美さんのFacebookに「啓新高等学校」と記載がありました。このことから、冨沢友美さんは啓新高等学校に通っていたことが分かります。下記は冨沢友美さんが通っていた高校の校長先生です。

〒910-0017
福井県福井市文京4丁目15−1

出典:Googleマップ
出典:Google

[福井市]冨沢友美さん殺人容疑で祖父の冨沢進逮捕

10日午前0時10分ごろ、福井市黒丸城町の住宅で「娘が倒れていて動かない」と父親から110番があり、福井県警福井南署員が、2階建て住宅の室内で高校2年の冨沢友美さん(16)が死亡しているのを確認した。福井南署は同日、祖父の無職、冨沢進容疑者(86)を殺人の疑いで逮捕した。

捜査関係者によると、友美さんの上半身には複数の刺し傷があった。

近隣住民や捜査関係者によると、遺体が見つかったのは進容疑者の自宅。友美さんは普段、福井市内の別の住宅で両親やきょうだいと生活しており、2カ月ほど前から進容疑者宅に身を寄せていた。

知人によると、友美さんは周囲に「両親がけんかばかりするから(祖父の家に)来た」と話していたという。

引用元:日本経済新聞
  • 福井市黒丸城町の住宅で「娘が倒れていて動かない」と父親が110番
  • 高校2年の冨澤友美さんが死亡していた
  • 上半身には複数の刺し傷があった
  • 祖父の冨澤進容疑者を殺人容疑で逮捕
  • 冨沢友美さんの父親に異変を知らせる内容の電話をかけ、その後父親が駆け付けて発見した
  • 友美さんとその両親が時々訪れ、1人暮らしになった進容疑者の食事を作るなど世話をしていた
  • 普段は、福井市内の別の住宅で両親やきょうだいと生活していた
  • 「両親がけんかばかりするから」と、2カ月ほど前から進容疑者宅に身を寄せていた

複数の刺し傷があるということを考えると、冨澤進容疑者は殺意があったとしか思えません。家庭環境が原因で祖父の家に行っていたのに、まさか2か月後に孫を殺害するなど誰が想像したでしょう。今後いっそうの波紋が広がることは間違いない。追記していきます(続く…)