竹内麻理亜「中学時代から偽る癖」生い立ちが文春で明らかに!「友達も少ない」同級生証言

竹内麻理亜/車内放置

香川県高松市で2人の姉妹を車内放置し、死亡させた竹内麻理亜容疑者。週刊文春により、竹内容疑者の中学時代の卒業アルバムや陸上部の写真が公開されました。そして、家族構成や生い立ちから社長夫人のギャルママになるまでが明らかになっています。

さらに、同級生の証言からも竹内麻理亜容疑者の素性が明らかに。下に続きます…

竹内麻理亜の顔/インスタ/夫まとめ!姉妹2人車内放置死亡事件の裏情報

竹内麻理亜容疑者の家族構成・卒アル顔写真

・父→婿養子、一時期は徳島で土地開発の仕事をしていた、現在は福島で単身赴任中
・母→看護師、現在は介護施設で働いている
・妹
・弟

上記が竹内麻理亜容疑者の家族構成と、中学校の卒業アルバムの写真です。竹内麻理亜容疑者の両親は、職業を見ても真面目な印象を受けますよね。父親は単身赴任なので、母親1人で3人を育ててきたのか。竹内麻理亜容疑者は3人きょうだいの長女。その為、しっかり者のお姉ちゃんになるはずだった…。

竹内麻理亜「中学時代から偽る癖」生い立ちが文春で明らかに!

週刊文春が竹内麻理亜の卒アル写真公開 竹内麻理亜の夫は「当日妻と子どもは実家にいると思っていた」 竹内麻理亜に文春砲が炸裂したわけやけど、それでも入手出来たのが中学の卒アルと高校時代の部活動の写真だけか。

週刊文春により、竹内麻理亜容疑者生い立ちが明らかになりました。
中学時代は陸上部で「あの子は『私は長女だから母親から大事にされてない。あれもダメ、これもダメと厳しいだけの母親だった』とたびたび愚痴を吐いていました。その影響なのか、彼女は中学時代から自分自身のことを偽る癖があり、それにより周囲にはトラブルが絶えなかった」(元陸上部員の母)

竹内麻理亜 古高松中学時代は 美人陸上部員

先程もふれたように、父親は単身赴任。さらに、母親は看護師。竹内麻理亜容疑者は3人きょうだいの長女。これらを考えても、母親は竹内麻理亜容疑者のことを大事にしていなかったわけではなく、どうしても長女となれば下の子の面倒を見て欲しいと思われていて、甘えさせてあげる時間もなかったのでしょう。

自分は母親に大事にされていないという勘違いから、嘘で固めていても自分は自分で守ろうとし始めたのか。竹内麻理亜容疑者の「2時間トイレに行っていた」という嘘や「1人で飲んでいた」という嘘、飲食店で「子どもは預けてきた」という嘘。

竹内麻理亜容疑者の虚言癖は、中学時代から始まっていたのです。自分自身を偽る癖があれば、トラブルも多くなるのは当然。それが今回トラブルというレベルではなく、我が子を殺害し保身のための嘘を重ねた。

これまで数々の嘘が明らかになり、竹内麻理亜容疑者の話すことは全て嘘だと思われも仕方がないのです。娘が亡くなっても、虚言癖は治っていない。それどころか、嘘をつき続けています。まだ明らかになっていない事実と、竹内麻理亜容疑者の話す内容が違う部分が出てきてもおかしくない。

竹内麻理亜の顔/インスタ/夫まとめ!姉妹2人車内放置死亡事件の裏情報

竹内容疑者は「友達も少ない」同級生証言

いや、この人古高松ですよ!高校は行ってない。スシローでバイトしてた…

ーなんでわかるの?
顔写真出てないのに。

ー何で分かるんって同級生です…。卒アルもありますが?!

古高松ですよね(^^)
高校はいってましたが、すぐに辞めました!
それで友だちも少ないのと、結婚して苗字が変わって
竹内っていう名前にピンとこないひとが多いんだと思う!
ニュースで旧姓も報道されれば、高校同じだったひとは
ああ!!あの子か!!ってなるひと多いとおもう。
ここ、あんまり見てなさそうだし、、、

竹内麻理亜容疑者は、古高松中学校だったことが文春の陸上部時代の写真からも分かります。上記の白黒写真は分かりづらいかもしれませんが、ユニフォームに「古高松」の文字が書いてあります。竹内麻理亜容疑者は、地元の県立高校に入学しますが中退しています。

爆サイの情報から、高校中退後はスシローでバイトしていたことも判明しています。高校中退後、間もなく現在の旦那さんと知り合い結婚。そのため「竹内麻理亜」という名前から、情報があまり上がってこなかったのは友達が少なかったために、気付く人が少なかったのです。

偽る癖がありトラブルが絶えない人と、友達になりたいと思う人は少ない。竹内麻理亜容疑者に友達が少ないのも納得がいきます。

竹内麻理亜、社長夫人のギャルママへ

現在の旦那さんは、土木建築会社を立ち上げて社長になり、竹内麻理亜容疑者を取締役に据えました。会社の業績を伸ばしていった旦那さんは、家族のためにも相当な努力をしたはずです。

「高そうなワンピースを着ていた。BMWの前にも高級外車ばかり乗っていた」(近隣住民)という証言があるように、暮らしも裕福になり、社長夫人である竹内麻理亜容疑者は高そうなものばかりを身にまとっていた。

そして、「普段からミニスカートのスーツファッションで、コンサバ系ブランド『ダイアナ』のピンヒールを履いていた」(幼稚園のママ友)とあるように、周囲には「ギャルママ」として認知されており、浮いていました。

旦那さんは娘たちと散歩に出かけたり、自宅前の駐車場でバーベキューをしたり「子煩悩なパパ」ということが分かっています。竹内麻理亜容疑者が飲みに出かける時は、子どもたちを見てくれていました。子どもたちにたくさんの愛情を注ぎ、家族のために必死で働いていました。

その裏で竹内麻理亜容疑者は旦那さんが必死に稼いだお金で、高級なものばかり購入し、不倫相手に会いに行っていたのです。そんな竹内麻理亜容疑者が15時間以上も車に放置したことで、いきなり愛する娘たちを失った。旦那さんの気持ちを考えたら、竹内麻理亜容疑者のことを許せないどころではない。

※追記 車外から子どもが見えないように隠した

竹内麻理亜容疑者は事件以前にも、複数回娘たちを車に放置して明け方まで飲んでいることが分かっています。「明け方までなら大丈夫だと思った」と話しているということですが、竹内麻理亜容疑者が車に戻ってきた時間は正午を回っています。

不倫相手に夢中になって、子どもたちのことを放置する最低な母親。元々は2人を自宅で寝かしつけたり、実家に預けたりして夜に外出していましたが、家族から注意され預けられなくなった。当たり前です。子どもたちを残して週4で飲みに行くことなど家族が賛成するわけがないのです。

さらに、子どもたちが外から見えないように車の窓にサンシェードも付けていたことが分かりました。竹内麻理亜容疑者は「外から子供の姿が見えないように付けた」と話し、人に見られないように駐車場の奥の区画に止めているのです。

竹内麻理亜の顔/インスタ/夫まとめ!姉妹2人車内放置死亡事件の裏情報

自分よりまず子どものことを1番に考えるべきなのに、見つからないようにするために隠した?自分のことばかりで周りが全く見えていない。家族を裏切り、自分より大切な子どもに取り返しのつかないことをしたのです。今後いっそうの波紋が広がることは間違いない。追記していきます(続く…)